【初心者ブロガー向け】100記事達成する前に知っておきたい7つの重要ポイント。

ブログ

おみそです。

 

ついにこの記事で100記事を書いたことになります。

 

ひとつの節目です。

 

「副業で稼げたらな…」なんて軽い気持ちで始めたブログも、なんだかんだ7ヶ月が過ぎました。感覚的にはすでに一年以上経っているような気もしますが、まだ半年ちょっとしか経っていないんです。それだけブログをやると充実した毎日が送れるってことなんでしょうかね。

 

どうにかこうにか100記事書いてきた中で、ぼくなりの感想を書いていきたいと思います。

 

初心者ブロガーの方やこれから100記事を目標に書いているブロガーさんの励みになれば幸いです。

 

100記事なんてあっという間。

じつはそうなんです。

 

まだブログを始めて間もない方や、20~30記事で足踏みしている人などは「100記事なんてすげーなぁ!!」「よくそんなに書くことあるな!」なんて思うことでしょう。(実際ぼくはそう思っていました。)

 

しかし、いざ自分が100記事書き終えてみると「100記事ってけっこうあっという間だったな…」と思うのです。

 

これは自慢でもなんでもなく、100記事書いた人しか分からない複雑な感情です。

 

コツコツ書いていれば100記事はすぐ。

記事を書くことって意外と大変で、「どんな内容のことを書こうか?」「キーワードはどうするか?」「どういう言い回しにするか?」「ペルソナは?」など、考える事はいっぱいあります。

 

ただの日記のようなブログでも読んでくれる人が大勢いれば良いのですが、芸能人でもない限りターゲットを絞ってコツコツ書いていくしかないのです。

 

しかしブログを続けていると正直、疲れてくることもあります。

 

途中で「もうやめようかな…」と何度思ったことか。

 

本当にそこでやめてしまってはこれまで書いてきた記事や努力がムダになってしまいますが、「好きなことを発信する」「誰かにわかって欲しいことがある」「お金を稼ぎたい」など、強い想いを持って真面目にコツコツ取り組んでいれば、100記事なんてあっという間に達成できちゃいます。

 

世の中には「毎日更新」を続けるツワモノがたくさんいる。

あなたの目標は「ブログで100記事書く!」ということでしょうか?

 

いいえ。違うと思います。

 

100記事というのはあくまでも「通過点」であって、最終的な目標は「ブログで稼ぐ!」とか「インフルエンサーになる!」とか、「企業もマネできないビッグサイトを作る!」などでしょう。

 

なかには「ブログは日課みたいなもの。ゴールなんてない。死ぬまで続ける。」というような人もいると思います。そういう人は「日課」なので毎日のように更新しても苦にならないのです。

 

ブロガー界隈には「毎日更新」を続けている人がたくさんいます。

 

代表的なのがマナブさん(@manabubannai)です。すでに毎日更新を続けて約700日目という驚異的な記録。(2019/4/9現在)ブログと共に生きているって感じですね。

 

もちろん続けていく上での苦労は本人なりにあると思いますが、ここまでくると「やらないほうが気持ち悪い」って感じになるのでしょう。もう「人生全てがコンテンツ」ですね。最近はYouTubeにも力を入れているようです。

 

(おみそもYouTubeやるかな~~~)

 

アドセンスは波に乗るまでが難しい。

これは別記事でも取り上げましたが、アドセンスに合格してもそこから収益が発生して振り込み金額に到達するまでが大変。アドセンスは波に乗るまでが大変なんです。

 

アドセンス合格しても収益発生までが大変!何事も波に乗れるまでが一番辛い。

2019年2月18日

 

よくツイッターで「アドセンス合格しましたーーー!!!」「PINコード届きましたーーー!!!」なんてツイートを見かけますが、素直に「おめでとう」と言ってあげたい気持ちと「ここからが大変なんだよ!!」って言いたくなる気持ち、両方が湧いてきます。

 

そりゃ、センスある人ならポンポンポーンとアドセンス収益が上がっていくかもしれませんが、「アドセンス収益毎月1万円」が大変なのです。

 

みなさん、ブログをはじめる前、「これオレでもいけるんじゃね?」「毎月3万~5万入ってきたら全然生活変わるけど!!」なんて希望を持っていませんでしたか?ぼくは大きな希望を持って始めました!!

 

でも現実はそう甘くないのです。

 

…ただ、悲観的なことばかり考えていてもテンションが上がらないので、大きな希望は捨てずにコツコツ続けていきましょう。

 

だって「記事を書いていればそれが蓄積されて収益に繋がる」って最高のビジネスじゃないですか?

 

ブログに大切なのは継続力と爆発力。

ブログを収益につなげていくために大切なことは「継続力」と「爆発力」です。

 

継続力とはこの記事のメインテーマである「100記事書き続ける」ということ。もちろん100記事なんて小さなことは言わず、500記事、1000記事と書ければサイコーです。

 

やはり何事も「ひとつのことをやり続ける」というのはとても大変なことなのです。

 

人間は意外と飽きっぽい生き物なので、とにかく継続できていることだけでスゴイ事なんです。よく「ブログを始めてもほとんどの人は続かなくてやめる」と聞きます。ということは続ければ続けるほど「勝ち組」に近づけるわけです。これってスゴくないですか?

 

また「爆発力」も大切です。

 

ブログは続けているとあるときちょっとしたことがキッカケでPVが爆増したりします。ツイッターで言う「バズる」と似ていますね。

 

なんとなく書いた記事のキーワードがテレビで取り上げられたりすると一気にPVが上がったり、トレンド記事などを仕込んでおけば流行りに乗ったときに多くの人に読まれます。

 

これは狙ってできる場合と狙ってもできない場合があるのでなんともいえませんが、ブログを続けていないと「当たるもんも当たらない」ので、大前提としてブログを書き続けるということは重要なことですね。

 

ツイッターも頑張らないといけない。

SNS、ぼくは主にツイッターですが、こちらもブログと同じくらい力をいれて頑張らなければなりません。

 

現在のブロガー界隈は飽和状態にあり、キーワードの椅子取りゲームみたいなものになっています。

 

そのため、他のブロガーと差をつけるには自分の「個性」を出すしかないのです。その個性を出すのに最適なツールがツイッターをはじめとするSNSなのです。

 

ブログ記事に準じた内容のツイートをしたり、たまには人間味あふれるツイートがあったり…。

 

こういったところからあなたのファンを増やし、ブログを見てもらうのです。

 

「とりあえず100記事書け!」は当たっているけど間違っている。

よく大御所ブロガーの方々は「とりあえず100記事書け!!」みたいなことを言われます。

 

100記事書けば記事を書く習慣が身につく頃だし、ブログのことも色々わかってくるから…ということらしいですが、これは当たっているともいえますが同時に間違っているとも思います。

 

確かに100記事も書いていると普段の自分も「ブログ脳」になってきて、「次はどんなことを書こうか?」とか「ネタになりそうな情報は落ちてないか?」とか、「やべ!ブログ書かなきゃ!」というように生活の中にブログの存在が組み込まれてくるようになります。

 

また、今回の記事のように「あぁブログってこういうことかも…」って、なんとなくブログのことをわかってくるのもこの頃だと思います。記事数もそれなりにあるのでPVも上がってくるはずです。

 

しかし、ぶっちゃけ「100記事」書かなくても身につく人は書く習慣なんてすぐに身につきますし、ぼくは50記事あたりですでに「ブログ脳」になっていました。

 

ここで書いている内容も100記事到達する前に気付く人もたくさんいるだろうし、サイトのPV数もSEO対策とキーワード選定をしっかりやれば自然と増えていきます。

 

ただ、全員が全員そううまくいくわけではないので、とりあえず上手く行こうが失敗しようが「石の上にも三年」の精神で「ブログはまず100記事」と思って書いてみましょう。

 

濃い100記事を書こう

ただ100記事かけばいいってもんじゃないんです。

 

ぼくも初期の頃は更新頻度と記事数を稼ぎたくて、内容の薄い記事を量産しておりましたが、今となってはそのほとんどが検索されておらずPVも全くありません。いわば100記事書いているのに実質50記事以下の実力といったところです。

 

ですので、みなさんは早いうちから「濃い記事を書く」という意識を持ちましょう。

 

その濃い記事のまま「100記事」を達成すれば見える世界は違っているはずです。

 

「濃い記事」とは?

では何をもってして「濃い記事」となるのか。

 

それはユーザーの要望や悩みに誠実に応えているかどうかです。

 

情報の網羅性という面もありますが、あなたの記事を見にきたユーザーが最後まで読んで満足いくかどうかということになります。途中で離脱されたり、「薄いなー。」と思わせてしまっては濃い記事といえないでしょう。

 

まずは書きたい内容を徹底的に煮詰め、他のサイトなどを分析しながらユーザーにわかりやすい文章・構成でかいていくことを意識しましょう。

 

まぁ、これが難しいわけなんですが…。

 

100記事書くための自分ルール。

とにかく、あまり深く考えすぎると手が動きませんので、まずは1記事入魂でコツコツ書いていくことです。

 

100記事、そしてこれから1000記事を目指していくために、「どうしたら続けられるのか」を考え、自分ルールを設けておくとやりやすいかもしれません。

 

たとえば、基本更新頻度は2~3日に1記事。休むときは休む!などなど。

 

ぼくもこのようにしており、2~3日に1記事を目安に更新しようと心掛けています。でも子育てや本業もある中でこの通りにできない場合は無理せず休みます。家族との時間も大事にしています。

 

もちろん「ブログ書かなきゃ!」という焦りもありますが、別にブログは強制労働ではないし家族のために始めたブログのせいで家族との時間が犠牲になったり、自分が体を壊しては元も子もありません。

 

無理をしないことが大切です。

 

また、強迫観念的にやっていてもブログが楽しくなくなってしまい続かなくなるので、まずは自分が楽しめることが重要です。

 

何事もそうですね。

 

100記事はあくまで通過点。

上述したとおり、「100記事」はあくまでも通過点に過ぎないのです。

 

だって最終的な目標・ゴールは記事の数ではなく、収益の額であり家族の笑顔の数…でしょ?

 

マナブさん(@manabubannai)の毎日更新にみるように、生きていればブログネタになるようなことはたくさん落ちているはず。ならば毎日更新だって不可能じゃないはずです。

 

そうやって考えると1年365日、毎日のように記事を書いていたら300記事なんてあっという間かもしれませんね。

 

まさに「人生全てコンテンツ」ですな。

 

終わりに

ぼく自身、残念ながら100記事書いた達成感みたいなものは全くありません。

 

それは「100記事かいたらPVや収益がすごい事になっている!」という幻想を抱いていたからかもしれません。

 

もちろん100記事いかなくてもすごい事になっているブロガーの方はたくさいんいます。しかし、大半は100記事書いてもパッとしないPV数だったり、100記事書く前にやめてしまう人がほとんどでしょう。

 

ということはやはり100記事というひとつのラインを超えたことは評価に値することなんですね。

 

10記事目を書いていた自分と比べたら確かな成長を遂げていますよ…。

 

ぼくも更なる高みを目指してコツコツ頑張っていきます!

 

いつかも言いましたが、おみそは大器晩成型なのです…。

 

では。

 

 

スポンサーリンク