2021年モデル 新型フォード・F-150の全貌が見えてきた!新しいルックス&変更点などの情報あり。

アメ車

おみそです。

 

久しぶりにアメ車関連の記事を書きます。他にも記事に書き起こしたいことはたくさんあるんですが、パソコンに向かうと頭の中でなかなか書きたいことがまとまらず止まってしまいます。これはきっと自粛疲れからくるものですな。息抜きにキャンプやオーバーランディングが必要ですな。

 

さて、今回は2021年モデルとして登場するフォードの新型F-150の情報をチラッと先取りします。

 

海外サイトなどの寄せ集め情報ですが、調べてみると色々わかってきたのでご紹介しておきます。

 

2021年モデル新型フォード・F-150の全貌は?

フォードF150

 

アメリカを代表する自動車メーカー、フォードのピックアップトラック「F-150」。このブログでも何度も取り上げ、現在ぼくもこの「Fシリーズ」に大変興味を持っております。(理由は後ほど…)アメリカで最も売れているトラックであり、フォードの稼ぎ頭とも言えるF-150が2021年モデルとして新しくなって登場します。現行が13代目ですから次は14代目F-150となります。それだけロングセラーな車ということです。

 

 

まだ詳しいスペックや装備の詳細はほとんどわかっていませんが、有力そうな情報のみ載せておきますね。

 

エクステリア

まずはその見た目から。

 

新しいF-150のルックスは画像やスパイショットも出回っているのでだいぶイメージがつきやすいです。というかもうこの写真↓のまんまでしょう。ピックアップトラックそのものがそこまで大きく形を変えられない(変える必要がない)ので、大きく変わるのはフロントフェイスになりますが、アメ車好きのみなさんはどう思われますか?

 

2021年新型フォード・F150

画像:F150GEN14.com

 

新型F150のフロント 新型F150のリア

画像:Motor Authority

 

いかがです?「カッコイイ~!!!」と思うか「う~ん…」と思うか。

 

これは人それぞれなのでとくに良いとか悪いとか言うつもりはありません。しかしどちらかと言うならぼくは後者「う~ん…」です。「なんだ?このGMCシエラのヘッドライトを大きくしたみたいなのは?」と思ってしまいました。現行モデルのF-150の顔、ヘッドライトが今っぽくてフォードっぽくて好きなんですけどね。

 

GMCシエラ

GMCのピックアップトラック「シエラ」

 

音楽でもファッションでも「自分が一番興味を持っていた時代のものが一番イイ!!」と思うのが人間ですから、ぼくももしかしてそうゆうことで新しいものを拒んでいるのかもしれません。

 

パフォーマンスグレードのF-150「ラプター」にはこれまでSuperCabとSuperCrewの2つのキャビンタイプから選ぶことができましたが、新型ラプターにはSuperCrewの設定しかないようです。ほとんどのオーナーがSuperCrewタイプを選ぶからというのが理由だそうです。

 

 

パワートレインや性能面は?

この辺はまだ推測段階ですが、基本的な設定としてV6とV8エンジンは選択できるようになるでしょう。加えて3.5リッターエコブースト、3.0リッターパワーストロークターボディーゼルエンジンも引き継がれるでしょう。4.8リッターV8エンジンが採用されるという情報もあります。

 

もう選択肢が色々ありすぎてわからなくなりますが、要はいくつものスペック設定が可能ということですね。

 

新型F150の内装

画像:F150GEN14.com

 

 

運転席周りも見ましたが、それほど大きな変化はなさそうです。すでに一般的なナビゲーションシステムとスマホの連動も当たり前といったところでしょう。

 

これもさだかではありませんが、完全なEV(electric vehicle)F-150もラインナップに加わると言われています。まぁここ最近のアメリカ自動車市場でもEV化が当たり前になってきているので、完全EVのF-150が出てもおかしくはないでしょう。

 

おみそも注目するフォード「Fシリーズ」

「おみそって誰やねん!!」という方はぜひ下のプロフィール記事を読んでください(笑)

 

 

そうなんです。ぼくは今フォードの「Fシリーズ」にすごく興味を持っているのですが、理由はもちろん…「乗り換え」です。

 

海とグランドチェロキー

 

他の記事で書きました通り、今の愛車Jeepグランドチェロキーちゃんが調子が悪くて走っているとエンジン警告灯が点灯してしまうのです。⇒ジープ グランドチェロキーのエンジン警告灯がついちゃった!原因はなに?オートバックスで見てもらったけど…。

 

オートバックスさんで見てもらって以降、2週間ほどは不具合なく乗っていたのですが先日また点灯してしまいました。これはさすがにディーラーに持って行かないとまずいかな…と思い、ディーラーでの点検を予約しました。

 

走っているときに違和感や異音などはなく、水温計の表示やその他の警告灯も異常なし。オイル漏れしている様子もない。はっきりした原因はディーラーで見てもらってからということになりますが、一応走行できているのでそこまで大きな故障ではないでしょう。いや、そう願いたいです。

 

しかしやはり時が経つにつれてジーちゃん(グラチェロの愛称)も歳をとります。ジーちゃんが動けなくなったときのことを考えて今のうちから色々な車を見ているのです。

 

え?まるでジーちゃんを見捨てて早く新しい車に乗り換えたいように見えるって?

 

いやいや。グランドチェロキーは大好きですよ。一番色気のあるSUVだと思ってます。ただ次もアメ車に乗り換えるには奥さんに対して「それなりの理由」が必要になるんですよ…。許可がもらえるちゃんとした理由がね…。

 

スーパーデューティーは1年遅れ

話が逸れてしまいましたが、新型のF-150はなんだかんだアメ車好きの注目をあつめる話題の車になることは間違いないでしょう。

 

フォードのピックアップトラックはF-150だけではありません。もっと大きいF-250、F-350などの「スーパーデューティー」もありますが、それらの新型は1年遅れで登場してくるようです。

 

時代が進む中、どんどん欲しい車が増えていきます…。

 

だから買えない分はホットウィールのミニカーで揃える予定です。

 

あ、まずはグランドチェロキー修理してきます。

 

では。

 

 

スポンサーリンク