アメ車の魅力について愛を込めて語ります。SUV・ピックアップトラック・ジープなど。

アメ車

おみそです。

 

みなさん、車は好きですか?最近は若者の「車離れ」も広がるなど、日本人にとって「車」はさほど重要なものではなくなってきているのかもしれません。

しかし、ぼくの住む田舎では車がないと生きていけないくらい、車は大きな役割を担っています。

さらにぼくは「アメ車の魅力」にとりつかれてしまい、毎日乗ると言っていいほどの車社会の田舎においてアメ車に乗って近所のスーパーへ買出しに行き、アメ車で通勤する…。

毎日のようにガソリン代をばら撒いていますw

 

今回はそんなアメ車好きのおみそがアメ車の魅力についてお話したいと思います。

(※アメ車といってもSUVからトラック、クラッシクカー、セダン、スポーツ幅広いですが、ここではおみその好きなSUV・ピックアップトラック・ジープについて語っています。)

 

これを読めば、あなたもアメ車に乗りたくなるはず!

 

アメ車の魅力① とにかく目立つ!他の車とかぶらない。

フォードのグリル

アメ車はとにかく目立ちます。

休日に街中を走っていても、同じ車とすれ違うことはほとんどありません。

日本だから国産車が多いのは当たり前ですが、1台おきにトヨタのハ○アーとすれ違ったり、ノ○、ヴォ○シー、○ア、セ○ナ…なんて、ミニバンが続くことはしょっちゅうです。

地方のマイルドヤンキー御用達の車はクラウン・シーマなどのセダン系から、アルファード・ヴェルファイアをVIPカー仕様にしたミニバンなど、これまた見慣れた顔ぶれが揃います。

(※ぼくは決してアンチトヨタではありません。むしろ好きです。)

それに比べて街中でアメ車に乗っている人はほとんどいないので、ちょっとした優越感に浸れます。

ましてや田舎なんて走ってる車自体少ないですから、なおさら目立ちます。

 

アメ車の魅力②とにかくデカイ!

荷台を牽引するフォードのピックアップトラック

フォードFシリーズ

 

最近のアメ車はエンジンもデザインも欧州よりになってきて、車体の大きさもコンパクトになってきました。

しかし、それでも日本車や欧州車に比べると一回り大きいです。

 

ぼくの乗っているジープ・グランドチェロキーもミドルサイズSUVのカテゴリーですが、日産エクストレイルより少しデカイです。

グランドチェロキー

2011年式ジープ・グランドチェロキー。愛称:じーちゃん。

 

US TOYOTAのタンドラやフォードF-150、シボレーのシルバラードなどのピックアップトラックならさらに大きくなり、アルファード・ランドクルーザーが普通車くらいに見えます。

このデカさもアメ車の魅力であり、街中で目立つ一因です。

 

「日本の道路じゃアメ車は大きすぎて運転しづらい!」という人もいますが、ぼくは「そんな狭い道、通らなけりゃいい!」「道は繋がってる。別ルートでいく!」「トラックやダンプが走っていればアメ車も走れる!」という強引な理論のもと、日々安全運転で走っています。

今はグラチェロに乗っていますが、そのうちもっと大きいアメ車に乗り換えようと思ってます。

 

アメ車の魅力③パワフルなエンジン!まさにマッスルカー。

ジープ・ラングラー

ジープ・ラングラー

 

アメ車はアメリカ大陸の広大な土地を走ることを想定して作られているだけあって、そのエンジンもパワフルです。

日本車ではお目にかかれないV8エンジンを搭載する車もありますし、排気量も5000ccやら6000ccとかなり環境を無視するスペックになっていますw

しかし、近年アメ車のダウンサイジング化が進み、サイズも排気量も日本人に受け入れられやすい仕様に変化してきています。

それでも底抜けなパワーを引き継いでいる車種もあるので、気になる方は探してみてください。

 

参考サイト⇒アメ車のおすすめランキングTOP7!人気のSUVから旧車まで特徴をわかりやすく解説|オートックワン

 

アメ車の魅力④国産車・欧州車にない大胆なデザイン!

フォードのポリスカー

警察車両ですらカッコイイ。

 

個人的な意見ですが、日本車はどのメーカーも車種も似たような目つき・無難なグリルデザイン、親しみやすいフォルムなど、「クセがない」車が多く、それが「つまらない」と感じさせてしまっている気がします。(ぼくだけ?)

日本で言う「カッコイイ車」は流線型で釣り目のヘッドライト、大きめのホイール、コックピットみたいな内装…。ぼくからするとちょっと中二病的で、あまり魅力を感じません。

また、欧州車も品があって美しい車ばかりですが、アメ車はそれらにないものを持っています。

大胆で、ときに大雑把、遊び心も詰まったデザイン。

一見「ダセェ…」って思う「TRD」「4×4」「OFF ROAD」のロゴデザインも、これぞアメ車という感じでかっこよく見えてきます。

「アメ車のデザインはチープに見える」などと言われた時代もあったようですが、最近は欧州車などを見習って、内外装の細かいところまで手が込んだデザインになっているアメ車も多いです。

 

アメ車を購入するときに覚悟すべきデメリット。

緑の車と子ども

 

もしあなたが今「アメ車に乗り換えたい!」と思っているなら、少し待ってください。

今一度冷静になって考え、アメ車を所有するうえでのリスク・デメリットも把握したうえで買いましょう!

燃費が悪い

これは誰もがもつアメ車へのイメージですね。

たしかに日本の軽自動車や低燃費車に比べると悪いですが、最近は技術面の進歩もあり、少しずつ燃費も改善してきているようです。

ぼくの乗ってるグランドチェロキーも通常で8キロ/リッター高速走行だと10キロくらいまで走ってくれます。ただ、国産車や軽自動車と比べてはいけません…。

 

ガソリン代は月に1万円~。維持費も高い。

うちは田舎なので信号も少なく、職場も近いため車通勤でもそこまでガソリン代はかかりません。

しかし、しょっちゅう外出したり、遠出したときは15,000円くらいかかることも。

タイヤもデカイので、タイヤ交換も15万くらいかかります。(※国産タイヤ・18インチ)

故障のときの代替パーツも少なく、「純正パーツを本国から取り寄せ」なんてことになれば、それだけ金額もはずみます。

 

自動車税は車の排気量によって決まるので、基本的に排気量が大きいアメ車は自動車税がめっちゃ高いです。ちなみにぼくの乗ってるグラチェロは排気量3600ccなので、基本税額は66,500円。普通車の倍近い金額です。軽自動車と比較したら…。

 

ディーラー、整備工場が少ない。

都会に住む人ならアメ車のディーラーも整備工場もあると思いますが、地方には近くにディーラーなんてありませんし、アメ車の整備ができる工場もすくないでしょう。

もし故障したら、国産車よりも手間と時間、お金がかかることは間違いナシです。年式の古い中古アメ車ならなおのこと。レッカーで1時間かけて都市部のディーラーに持っていかれることになるかもしれません。

ぼくも「リコール」の際は1時間かけて千葉のディーラーに持っていってます。

 

故障が多い!?

世間から見たアメ車のイメージは「故障が多い。」というものではないでしょうか。

確かにむかしはすぐに故障したようですが、最近は自動車の検査基準も厳しくなっていますしAIとの連動も進んでいます。さすがのアメ車メーカーも電気系統、システムに力を入れざるを得ません。なのでむかしほど故障するイメージはなくなったと思います。

ぼくの乗っているグランドチェロキーも年式は2011年ですが、2018年の今も何のトラブルもなく走ってくれています。

ただ国産車だろうが、欧州車だろうが、アメ車だろうが、故障するときは故障しますので、うまく付き合ってください。

形あるものはいつか壊れるんです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はアメ車の魅力についてふれてみました。

男性ならもちろん、一部の女性にも人気のあるアメ車ですが、見慣れた車が行き交う日本において「人とは違った車に乗りたい!」と思う方にはオススメだと思います。

 

ただ、アメ車は燃費や故障など、機能的なクセのある車も多いのである程度の覚悟が必要です。上手く付き合えば愛着も湧いてあなたの最高の相棒になることでしょう!

一緒にアメ車ライフを楽しみましょう!

 

お気に入りの一台を探してみては?

輸入車・外車のカーセンサーエッジ

 

スポンサーリンク