【ブログが続かない人へ】一年やってみたけどブログを続けるための自分なりの持論を展開するよ。

ブログ

おみそです。

 

そうなんです。今日でブログを始めてまる一年が経ちました。

 

最初は何もわからず、ネットで情報を調べながら手探りでやってきたブログですが、やっと基本的なブログの仕組みがわかってきて、記事を書く習慣ができてきた感じです。

 

世の中には自分の予想よりもはるかに多いブロガーやアフィリエイターがいて、最近ではブロガーから派生したユーチューバーも増えてきています。

 

そんな中、たかがブログを一年続けたくらいでエラそうな事は言えませんが、それでも自分なりに続けてきた中で「持論」が沸いてきました。

 

この記事をご覧の方の中には「一年も続かない」「書くネタがない」「一年続けると何か変わるの?」といった悩みや疑問をお持ちの方もいると思います。

 

そういった「少し前のぼく」のような方に向けて、「ブログを続けるにはどうしたらいいか」といった視点を中心に、ぼくなりの持論を展開しようと思います。

 

ぼくはまだベテランブロガーではありません。かといってド素人だとも思いません。ここで書く内容はひとつの意見として参考にしてください。

 

※ちなみに文字装飾やアイキャッチなどはありませんので、疲れたら遠くを見て目を休めて、また戻ってきてきっちり最後まで読んでください。

 

「CHAMELEON BLOG」の略歴。

まずはこの「CHAMELEON BLOG」の略歴を載せておこうと思います。

 

ブログ開始は平成30年8月28日。ネット界隈では「無謀」と言われることが多いですが、最初からワードプレスでブログを立ち上げました。

 

立ち上げ当時は書くネタもバラバラ、ブログの方向性もバラバラで自分自身でも納得いっていませんでした。あるとき、思い切ってリニューアルをし、ブログの方向性を定め、今の「アメ車・アウトドアブログ」になりました。カメレオンをメインキャラにしたのもこの時です。

 

その後、2日~3日ペースで記事を更新していましたが、PVはデイリーで100いかない日が続きました。もちろんアドセンスやアフィリの報酬も微々たるものでした。

 

「ワードプレスだとはじめは全然アクセスがない」と言われ覚悟していましたが、まさかここまでとは…。時にはグーグルアップデートや「記事書けない病」に悩まされ、何度も心折れそうになることがありましたが、なんとかここまでやってくることができました。

 

今では総記事数144、デイリー500PV前後、月間15,000PV前後をウロウロしております。

 

すべてはここから始まった…
叫ぶ男の子

「まだ何者でもない僕たちへ」

2018年8月28日

 

「へっ!カスが!」と思う方もいるかもしれません。でも一年前の自分からしたら未知の世界です。

 

一年経ってやっと「常に誰かが自分のブログを見てくれている」という状態にまで持ってくることができました。

 

今は「どうしたらもっと収益に繋げられるか」を考え、試行錯誤しています。

 

さて次は「なんとか一年続けられた」の「なんとか」の部分を説明していきたいと思います。

 

持論1.ブログはとにかく続けたもん勝ち。

まず、「ブログを続けることの重要性」を書いておきます。

 

ブログをやる理由は人によってさまざまだと思います。

 

「毎日の日記代わり」

「副業で稼ぐため」

「暇つぶし」

 

ぼくは二番目の「副業のため」という理由でブログを始めました。今回の記事のテーマで悩む人はほとんどの方が副業で稼ぎたいからブログを始めた…という人が多いのではないでしょうか?

 

ブログを続けるには、ブログで稼ぐには…、「とにかく続けること」です!!!

 

めっちゃ当たり前やん…。

 

と、幻滅しているアナタ!めっちゃ当たり前のことですが、「とにかく続けること」はブログにとって一番大事なことで一番正解のことなんです。

 

ネットやツイッター界隈でも「継続」「ブログ書け!」「毎日更新」なんて、ブログを書くことを煽っていますが、聞きなれてしまったこの言葉こそ、じつは最強の極意なんです。

 

有名ブロガーほど年数も多く、毎日更新している。

有名ブロガーや稼いでいそうなアフィリエイターのブログを見ると、かなりの確率で長い年数ブログを続けていますし、ほぼ毎日更新を続けています。

 

ぼくは本業の合間や休みの日を使ってなんとか3~4日で1記事ですが、兼業の人でも本気を出せば毎日更新は可能でしょうし、実際にやってる人も多いです。

 

これだけ続けていればグーグルからの評価も高くなりますし、とにかく記事数がべらぼうに多くなりますから、検索でヒットするワードも比例して多くなります。

 

ブログが面白いのは「積み重なって増えていくこと。」

そうなんです。

 

ブログをビジネスとして見た時、何が面白いかというと全てが「積み重なって増えていくこと」なんです。

 

継続すればするほど記事数が増えます。運営年数も増えます。ヒットするキーワードも増えます。PVも増えます。(もちろんやり方にもよりますが)

 

真面目にコツコツ書いていれば、とにかく全てが積み重なっていくんです。よく「ブログは資産になる」と表現されますが、これは本当だと思います。

 

ネット・ブログ・アドセンス…といった仕組みが崩壊しない限り、おじいちゃんおばあちゃんになるまで続けていれば相当なメガサイトになりますよね。

 

リスクが少なく、純粋な努力がそのまま純粋に積み上がっていくビジネスは、リアルな世界をみてもそう無いでしょう。

 

だからブログは面白いのです。

 

持論2.キーワード選定も大事だが、まずはニッチを攻める。

記事を書くときによく言われるのが「キーワードを意識しろ」です。

 

確かにユーザーは何かしらのキーワードを検索ボックスに並べて検索します。そのユーザーの意図を先読みして記事に盛り込むことは当たり前の戦略でしょう。ただし、この基本的なことができない人も多く、ぼく自身も「意識しているが正解かどうかはわからない」といった感じです。

 

でも、まずは「ニッチワード」を意識して記事を書くことをおすすめします。

 

これはぼくが初めて有料コンサルを受けたけんさん(@ken_affi)からの教えなのですが、「とにかく最初はニッチワードから攻めましょう。」といったものでした。

 

詳しくは説明しませんが、けんさんいわく、どんなにニッチなワード、マニアックな内容の記事でも検索順位1位なら1位で、グーグルの評価も1位だというのです。要は誰も検索しないようなワードで検索1位を取っても「君の記事は1位だね!」というグーグルからの評価はビッグキーワードの1位記事の評価と変わらないというのです。(たぶん…)

 

ということは、ライバルも少ないニッチワードで検索順位1位を取り続ければ、おのずとサイトの評価も上がり、ドメインパワーも付くのです。するとビッグキーワードで記事を書いても上位に食い込みやすくなるということです。

 

この「検索1位を取った!」というのも、ブログを続けるためのモチベーションアップになりますし自信につながります。

 

持論3.色々考えすぎず、「好きなこと」を書け!

と、まぁいろいろベテランっぽいことを言っておりますが、ブログを続ける上で一番大事なのは「好きなことを好きなように書くこと」です。

 

ぼくも最初の頃はキーワードを意識したり、稼げる記事テーマを探したりしながら書いていましたが、変に意識しすぎると記事を書くスピードも落ちますし、ネタが浮かんでも文章にする勇気がなくなってしまいます。

 

それより、思いついたこと、今日あったこと、自分の好きなことを好きなように書いていくほうが更新頻度は高まりますし、なにより書いている自分が楽しく書けます。

 

「楽しく書く」…これはブログを長く続ける上でとっても大事なことだと思います。ブログを何年も続けているブロガーさんはきっと書くことが楽しいから続いているんだと思います。

 

持論4.一度くらいは有料コンサルを受けてみるといいよ。

ぼくはこれまで有料コンサルは受けずに、ネット情報と参考書を頼りにブログ運営を進めてきました。

 

ツイッター上では常にブログコンサルの話やサロン加入の話が飛び交っています。それに対して「稼ぐためにブログ始めたのにお金払ってまでコンサルなんてやるか!」と拒絶しておりました。

 

でもさすがに自分一人でのやり方に限界を感じ、「このやり方で合っているのかな…?」と思うようになりました。そんなある時、ツイッターでけんさん(@ken_affi)と出会い、初めて有料コンサルを受けることになったのです。

 

 

けんサロンではこれまで曖昧だったブログの考え方がはっきりしましたし、アフィリエイトにもチャレンジするキッカケにもなりました。

 

知っていた知識の裏付けができたのと、新しい知識が得られたのが本当に良かったですし、何より「誰かに相談できる」という環境がとても心強かったです。

 

人は誰かに褒められればやる気も湧きます。

 

有料サロンでは「褒めてもらう」ということもあるのでブログを続けるモチベーションも維持できました。

 

持論5.更新頻度が低くても続けていればいつかは上がる。

とはいえ、ぼくは本業のかたわらブログを書いているため、3日~4日に1記事くらいのペースになっています。

 

調子がいいと2日にいっぺんくらいで書けますが、仕事や子育て、試験勉強などの合間を縫って書くとなるとやはり更新頻度が落ちてしまいます。どうせ書くなら濃い内容の記事を書きたいですしね。

 

有名ブロガーのように「毎日更新」を続けていれば、今の段階で記事数も倍以上、PVだってもっと期待できたかもしれません。

 

しかし、現実は毎日更新するほどの時間捻出が難しかったのです…。

 

でも安心してください!!!

 

こんなぼくでもブログ立ち上げ当時の絶望的なPV数から、一年経った今では月間15,000PVを安定して出すことができています。

 

そりゃあもっと賢いやり方をしていればもっと大きい数字になっているのでしょうけど、平均3日~4日で1記事のペースでも一年続ければなんとか1万PVは越えられることを証明できました。

 

ブログを一年続けると何か変わるの?

とくに大きな変化はありません。

 

変わったこと、得たものといえば…

 

「ブログを書く習慣ができた」

「パソコンへの耐性ができた」

「月々の飲み会代くらいは稼げるようになった(お酒飲まないけど)」

「常に誰かがブログを読んでくれている。という緊張感が生まれた」

 

こんなところでしょうか。

 

やはり大きいのは「書く習慣」が身についたことと、「誰かが読んでくれている」という緊張感と意識が生まれたことですね。

 

以前はアナリティクスを見てもリアルタイムで誰も見てくれていない「0(ゼロ)」が続いていましたが、今では常に日本のどこかから誰かが記事を読んでくれているようになりました。

 

めちゃくちゃ嬉しいことなのですが、同時に「ちゃんと欲しい情報を正確に与えられているか?」「サイトの使いやすさに不満は無いだろうか?」などを気にするようになりました。いい緊張感です。

 

でもこれで満足はしません。

 

だってもっと多くの人に知ってもらいたいじゃないですか。ぼくのこと。(おいっ!)

 

おみそのこれから…。

どうでしょうか?

 

なんとなくブログを一年くらいは続けられそうな予感がしてきましたか?

 

ぼくもはじめは「一年も続けられるかな…」と不安でしたが、今なら死ぬまで続けられそうです。ウソです。

 

でも今では記事を書くことが習慣になり、日常の中でも「あ、これ記事にしたら面白そう!」とネタさがしのアンテナが立っているので、案外死ぬまでブログできちゃうかもしれません。

 

やっと「常に誰かが見てくれている」という状態に入ったこのCHAMELEON BLOGをもう少し収益に繋げて、それを資金としてもっと面白いことをやりたいと思っています。

 

これまでは「自分の好きなこと」ばっかりの視点でしたが、これからは画面のむこうのみなさんのことをもっと意識しながら面白いこと、素敵なことを発信していこうと思っています。

 

引き続き死ぬまで宜しくお願いします。(え?重い?)

 

 

スポンサーリンク