ブログは強制ではない。楽しまなきゃ続かない!でも書かなきゃ見てもらえない!

ブログ

おみそです。

 

2019年、さっそく風邪を引いてしまいました…。

 

おそらく娘が保育園(一時保育)でもらってきたのだと思います。

 

インフルエンザではなかったのですが、のどが痛くなり始め、鼻水が出て、体がだるい…。

 

こんなときって気持ちも落ち込んじゃいますよね。

 

なんだか気弱な自分になっちゃいました。

 

でもある記事が元気をくれたので、後ほどちょろっとご紹介しますね。

 

「ブログを書かなければ…!」という自分への圧力。

インフルエンザではなかったとはいえ、やっぱり風邪はつらいものです。

 

のど痛いし鼻水も出るわ、体はダルいわ…。たまたま休みだったので多少はゆっくりできましたが、娘も同じく風邪を引いていたので病院に連れて行かなければなりませんでした。

 

「病院まで運転するくらいなら大丈夫だろう。」となんとか運転して帰ってきましたが、なんだか朝より悪化してる!?

 

やはり風邪を引いた体で無理をすると良くないようです。(30歳過ぎて免疫力が下がったな…)

 

こんなときもブログの更新はしたほうが良いです。いや、決してそんなことはないのですが、更新すればするほどPVも上がってくることは知っているので、少しでもサイトを成長させたいなら記事を書くべきです。

 

でも多くの有名ブロガーが「毎日更新」を続けている中、ぼくは2~3日に1記事くらい。

 

「作業量が圧倒的に足りないのにサボるなんて…。」

 

そんな心苦しさを感じながらパソコンを開くも全く書けない。タイトルすらも書けない。

 

諦めました。

 

「無理だ。今日は休もう。」

 

パソコンを閉じて漢方のお茶を飲んで横になりました。

 

自己嫌悪と体調不良で気持ちがずーーーーんと落ちてしまいました。

 

ツイッターがプレッシャーになる。

こんなとき、ツイッターのタイムラインを見てみると、

 

「6000文字生産しましたー!」

「○○万PV突破!」

「Googleからお給料が…(^^)」

 

こんなツイートばっか。

 

いえ、いいんです。いつもなら見てるこっちまでテンション上がって、いいね!押してリツイートして、「おっしゃ!オレも頑張ろう!!」なんて思うのですが、今回はただただプレッシャーになるだけでした。

 

「記事書いてないのに月○○万円稼ぐ!なんて言ってんじゃねーよ!」と自分自身を責めていました。

 

中には「自分のペースで頑張りましょう」と言ってくれているツイートもありましたが、普段も毎日更新できてないのに風邪で更に書けなくなるなんて、クソだと思いました。

 

ちょうど少しずつPVも上がってきていた時だったので、なおさら悔しくなりました。

 

なら書けばいいんですが、マジで頭が働かず、キーボードにのせた手が動かなかったのです。

 

そんな時、あるツイートを見かけました。

 


こぼりたつや@tatsuya_kobori)さんのツイートがふと目に留まり、記事を読ませていただきました。

 

日記ブログを好き勝手書いていく中で、10万PVを達成するまでの道のりを等身大の言葉で書いてくれていました。

 

有名ブロガーさんのブログ術は理論的でわかりやすい部分もありますが、親近感という意味では少し遠く、ブログをはじめたばかりの人にはこぼりさんの記事のような内容が心に響く気がします。

 

もちろんぼくも胸打たれ、折れかけていた心を復活させてくれました。

 

 

ブログは強制ではない。楽しくなけりゃ続かないのだ。

そうなんです。

 

ブログは自分の意志ではじめました。

 

最初は「月々の給料にすこしプラスアルファのお小遣いができればいーなー。」なんて軽い気持ちではじめました。

 

でもはじめてみると、じつに多くのブロガーさんがいて、みんな本気になって「稼ごう!」「伝えよう!」「自分を変えよう!」「世界を変えよう!」と、いろいろな思いを抱きながら切磋琢磨していることがわかりました。

 

そんなみなさんの熱をもらって、こうして今日までブログを続けることができています。もちろん毎日じゃないですが、少しずつコツコツやっています。

 

「稼ぐため。」「自分を変えるため。」「家族を守るため。」

 

ぼくもそんな思いを抱きながら、本気でパソコンに向かうようになりました。本気だからこそ今回の「書けない自分」が悔しかったのです。

 

でも、根本にあるのは「楽しくなければ続かない。」ということです。

 

WordPressでブログをはじめた当初、わけもわからずにネットの口コミやブログ記事なんかを参考に手探りで準備を進めました。

 

わからないことだらけで苦労もしましたが、同時に「わかる楽しみ」も多くなり、少しずつサイトができてくるに連れ、記事が増えるに連れ、どんどん楽しくなっていきました。

 

「楽しむこと」

 

これを忘れてしまっては、風邪を引いてなくても記事は書けないと思います。

 

人生を楽しみ、その喜びをアウトプットするのがブログ。そのブログも楽しむ。そしてまた、人生がより楽しくなる。

 

そんなサイクルが出来上がったら、どんなに素晴らしでしょうか。

 

おわりに

今回は「風邪引いてブログ書けなかったよー」という、弱音を吐いた記事でしたが、ぼくにとってはとてもいい経験になりました。

 

あらためてブログの楽しさに気付かせてくれたこぼりたつや@tatsuya_kobori)さん、本当にありがとうございました。

 

ブログをやっている方もそうでない方も、病気のときは気分も落ち込みますが、そんなときこそ普段は気付かない大切なことに気付けるかもしれませんよ。

 

とにかくお体は大切に。うがい手洗いしましょうね。

 

ぼくも早く治します。

 

では。

 

 

スポンサーリンク