【WordPress初心者用】Googleアナリティクスで自分自身のアクセスを除外して正確なデータを分析しよう。

ブログ

おみそです。

 

みなさん、自身のサイトのアクセス分析に「Googleアナリティクス」は使っていますか?

おそらくほとんどの方がGoogleアナリティクスを使っていると思います。

 

見てみると、まだWordPressでブログを始めたばかりなのにポツポツとアクセスが来ている…?

ネットでは「WordPressは初期の頃は全然アクセスがない!陸の孤島だ!」なんて言われていたのはウソだったのか?

はたまたオレ自身にとんでもないブログの才能があったのか…!?

なんて思っていませんか?

 

いいや。そのアクセス、あなた自身ですよ。

 

そうなんです。みなさん、記事を更新するときに「サイト訪問者からどんな風に見えているのか?」をチェックするため、実際にアクセスしてみたりしますよね?

そのアクセスがしっかりGoogleアナリティクスに記録されているんです。

残念ながらポツポツのアクセスは自分自身だったんです。

 

そんなややこしいデータにならないよう、アナリティクス側で「自分のアクセスをカウントさせない。」ようにしっかり設定しておきましょう。

 

「内部トラフィックをフィルタしてください。」とのお知らせが。

Googleアナリティクスを導入してしばらくすると、アナリティクス画面右上のほうのベルマークに数字が出てきてお知らせが届いていることを教えてくれます。

そちらをクリックすると以下のように「内部トラフィックをフィルタしてください。」とのメッセージが表示されます。↓(※たいていこの通知が届いているのみです。)

アナリティクスの通知

 

これこそ、「あなた自身のアクセスを除外して、正しいデータを取得しましょう。」という案内なのです。

さっそく設定してみましょう。

 

フィルタの設定方法。

まず、アナリティクス画面の左下、歯車のマーク「管理」をクリックして管理画面を開きます。

すると下のような画面になるので、「ビュー」のなかの「フィルタ」という項目を選択します。↓

アナリティクス管理画面

 

その後、「+フィルタを追加」をクリック。↓

フィルタを追加をクリック

 

次にフィルタ情報の入力画面になります。こちらは次のように入力・設定します。↓

フィルタ情報入力画面

 

①フィルタ名 … 任意の名前で大丈夫です。わかりやすいものが良いでしょう。

②フィルタの種類 … 「定義済み」を選択しておきます。3つのプルダウン項目はそれぞれ「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択。

③IPアドレスを入力 … あなたのIPアドレスを入力します。

「IPアドレス」とは?…IPアドレスとはインターネットにアクセスするそれぞれの機器に自動的に割り振られる識別番号のことです。パソコンやスマホ、タブレットにもIPアドレスはあります。

あなたのIPアドレスはこちらのサイトで確認できます。⇒サーバー監視/ネットワーク監視サービス

 

保存をクリック

 

④最後に「保存」をクリックして設定終了です。

 

フィルタが有効になっているか確認しよう。

設定が終了したらアナリティクスのホーム画面に戻りましょう。

冒頭に説明したベルマークのお知らせをクリックすると、以下のように「解決済み」のメッセージが表示されるようになります。↓

アナリティクス解決済み表示

 

また、いくら自分のサイトに自分でアクセスしてもGoogleアナリティクスのグラフはピクリとも動かなくなります。

これであなたは現実を知ることになるでしょう…。

 

まとめ

以上でGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定は完了です。

 

WordPressでのブログやサイト運営をはじめたての頃は、アクセスなんてひとつもありません。

でもアナリティクスのグラフが少しでも「山」を作っていて、ほんの数人でも見てくれているとすごく嬉しくなります。

 

PVゼロの日も多いかもしれませんが、いつの日か何万人にも見てもらえる日を信じて、地道にコツコツ記事を更新していきましょう。

 

では。

 

 

スポンサーリンク