日本版ハロウィン!「お月見どろぼう」って知ってますか?

田舎暮らし

 

9月も半ばを過ぎ、だんだん涼しくなってきましたね。

 

お月見用のススキやお団子を準備しているお宅もあるのではないでしょうか。

 

ところで「お月見どろぼう」ってご存知ですか?十五夜の夜、子供たちが近所の家をまわり、お供え物のお団子やお菓子をもらうイベントです。

 

ぼくの住んでいる千葉県君津市の一部の地域にもお月見どろぼうの風習があり、現代も続いています。ぼくも昔は弟妹と一緒に大きな袋を持って近所を回って歩いたものです。

 

今回はお月見どろぼうの由来とやり方をご紹介します。

 

月見団子とススキとお月様

もともとは畑の芋を盗むイベントだった?

昔の人の生活には月は大きく関わっており、夜道を照らす明かりの役割もありましたし、月の満ち欠けによって農作物の種まき時期や収穫の時期などを教えてくれる役目もありました。

 

童話「かぐや姫」の重要な要素として描かれているように、おとぎ話や物語にもその神秘さゆえに、月は神様のような存在として出てきます。

 

かつて全国の農村地域では「十五夜の日は他人の畑の芋を勝手に持っていって良い。」という風習がありました。

 

当時は「盗まれた」ではなく、「お月様が食べてくださった。」「供え物を持っていってくださった。」と考え、盗まれた畑は縁起が良いとされ、豊作になると言われていました。

 

ただ、根こそぎ持っていかれると畑の持ち主もやっていられないので、「畑に1歩踏み込んだ範囲内で」というルールがあったようです。

 

その畑の芋がだんだんとおはぎや団子にかわり、「子供は月からの使者」と考えられていたことも合わさって、現代の「お月見どろぼう」の原型になったと言われています。

 

お月見どろぼうのやりかた

中秋の名月(十五夜)の夜にかわいいお月見どろぼうは現れます。

十五夜は旧暦の8月15日なので、今年2018年は9月24日ということになります。

 

子供たちはお菓子を入れる大きな袋と懐中電灯を持っていきます。

親たちはいつお月見どろぼうが来てもいいように玄関先や縁側などにお菓子を準備します。

 

ぼくの地域では「駄菓子の詰め合わせ」が多く、近所のスーパーにはお月見どろぼうのためのお菓子売り場が設けられます。

スーパーのお月見どろぼうのためのお菓子売り場

スーパーのお月見どろぼうのためのお菓子売り場

 

昔は縁側の団子を棒の先に針金などをつけて、刺したり引っ掛けたりして持って行っていたようですが、現代の子は「月見どろぼうにきました~!」とか「お月見くださいな!」などといってお菓子をもらいます。

 

「どろぼう」にしてはとても礼儀正しいですね。盗られる側も「はいは~い!」なんて親切に対応してくれたり…。

 

最近では「ハロウィン」と合わせて、コスプレした子供たちが来ることもあるそうです。

 

置いてあるお供え物もバリエーションに富んでいて、本当の月見団子をくれたり、缶ジュースをくれたり、自宅で採れた野菜や卵をくれるお宅もあります。

 

内容は地域やお宅によってさまざまですね。

 

子供たちは大きな袋2~3袋(もっと?)がパンパンになるくらいのお菓子をもらい、家に帰ってきて友達や兄弟と戦利品の報告会をします。

 

「○○○くん家でこんなの貰えた!」

「まだいっぱいあったからもう一回行こうか!」

「これダブってるから交換しよう!」

 

などなど、お菓子の山を前に、みんな興奮しっぱなしです。

 

ぼくも昔は大量のお菓子を貰ってきて、兄弟と分け合っていましたが、頑張れば1ヶ月くらいはおやつに困りません。

 

ただ、子供というのはあれば食べてしまうので、大抵の子供は1ヶ月もたないでしょうw

 

お月見どろぼうの風習が今も残る地域

昔、お月見どろぼうは秋の収穫をお祝いする行事として日本の各地で行われていました。

 

収穫祭や秋祭りの行事と並び、地域の子供たちが楽しみにするイベントのひとつだったと思います。

 

現在では、福島県や茨城県、千葉県、愛知県、三重県、大阪、大分、鹿児島などの農村地域の一部で行われているようです。

 

ぼくの住む千葉県君津市の田舎でも地元の子供たちに喜ばれる行事として根強く残っています。

 

日本のハロウィン!

最近はどのお店や企業も「ハロウィン」をうたい、大人から子供までみんなでコスプレをして盛り上がっています。

 

ハロウィンも子供たちが近所の家をまわりお菓子をもらうという形はお月見どろぼうと共通していますね。

 

ご近所同士の関わり合いが薄れている現代で、このような行事をキッカケに地域の結びつきが深まるのはとても良いことだと思います。

 

十五夜の夜、かわいいお化けやどろぼうたちを迎えるのもけっこう楽しいですよ。

 

いまやハロウィンが秋のメインイベントになっておりますが、たまには日本独自の伝統行事に目を向けて風情あるお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク