つかの間の一人暮らしの終焉。妻と娘が帰ってきたよ。

子育て

 

おみそです。

 

以前、妻が二人目を妊娠して、「つわり」がひどいので川越に帰った記事を書きました。

→奥さんが娘を連れて実家に帰った…

 

それからかれこれ1ヶ月くらい一人暮らしをしておりましたが、ついに妻と娘が帰ってきました。

 

つかの間の一人暮らしを終え、改めて家族団らんのひとときを迎えてみて、色々感じたことを書きます。

 

やっぱりひとりは寂しい。

やっぱり寂しいですよね。

 

寝るもの起きるのも、食べるのも、テレビ観るのもひとり…。

発する言葉はどれも独り言にしかならない。

 

炊事、洗濯、掃除、すべて自分でやらなきゃいけないので、時間の組み立てはスマートに出来るんですが、やらなきゃやらないで全て自分に返ってきますw

洗濯しなければ洗濯物溜まるし、翌日の朝にご飯食べたけりゃ米を研いで、炊飯器のタイマーセットしないといけません。

 

「誰かがやってくれる」

 

というわけにはいかないのです。

 

幸いにも最近は「ブログ」に夢中になっているので、空いた時間はほとんどブログに使うことが出来ました。何もせずにぼーっとするだけの時間はなかったです。

 

「好きなことを好きなだけやる」

 

というにはやっぱり「ひとり」という環境が適しているかもしれません。

 

子供にはいつか「一人暮らし」を経験させたい。

これは賛否両論あると思います。

今のご時世、「東京で一人暮らしなんかさせたら危ない。」とか「経済的に仕送りが出来るほどの余裕がない。」などの声が聞こえてきそうですが、僕自身、一人暮らしから学んだことも多々あるので、自分の子供にも経験させてあげたいのです。

 

一人暮らしでは、色々なことを学ぶことが出来ます。

 

  • 家事に対しての抵抗感がなくなる。
  • お金を管理することの重要性を知ることができる。
  • いろんな人の生き方や考え方を目の当たりにする。
  • 自分の無力さに気付く。

 

まだまだ挙げればたくさん出てきそうです。

 

今回、久しぶりの一人暮らしを味わってみて、「自分で生活を作り出すことの大切さ」「自分自身と向き合う時間の必要性」を再確認しました。

 

子供の成長の早さを実感する。

うちの娘は1歳5ヶ月です。

 

1ヶ月会わなかったら本当に大きくなっていてびっくりしました。

 

体がデカくなったとかじゃなくて、「より人間らしくなった。」という表現が近いかも。

 

今までは「パパ」「ママ」「バナナ」「にゃんにゃん」ぐらいしか言えなかったのが、「パパ、いた~!」とか「ママ、あっち!」とか二文語を話せるようになってる~!!

「ちょうだい!」とか「ねんね」とか話せる単語も増えてるし、「ぱんまん」しか言えなかったのが、ちゃんと「アンパンマン」って言ってる~!!!

 

前から「うちの子は天才かも?」って思ってたけど、確信に変わったよ。マジで。

 

表情も少しだけ大人っぽくなったし、行動も「頭使ってる感」がすごい。

何か悪いことをして怒ろうとすると、ダーっと走ってきてぎゅうってするんですw

 

「こうすれば大人は喜ぶ。」というのを分かってやってるんですね。

 

将来がこわいぜ、ベイベー。。。

 

家事に子育て大変だけど、めっちゃ幸せ。

妻と娘が帰ってきて、久しぶりに活気を取り戻した我が家。

妻のつわりも少しは落ち着いたようですが、まだ本調子ではないので、家事はほぼ僕がやります。

娘の世話も僕がやるようにしています。

 

仕事から帰っても家事・育児、その後はブログ…。目の回るような忙しさが帰ってきました。

 

でもじいじやばあばも孫が帰ってきて喜んでるし、良かったなと思います。

 

「つわり」の時期も人生の中ではほんのわずかな期間です。(妊婦さんはこのわずかな期間が辛いんですよね。)

男の僕なんて家事くらいしか出来ないし、つわりに比べたらこの大変さなんて石ころみたいなもんですよ。

 

 

…と自分に言い聞かせながら今日もおみそは頑張ります。

 

 

全国のお父さん方、一緒に頑張りましょうね!!!

 

 

スポンサーリンク