【おしゃれ】自宅の庭に生えているミントを使って暑い季節にぴったりの自家製ミントカクテルを作ってみました。

田舎暮らし

おみそです。

 

5月に入りだんだん「暖かい」から「暑い」と感じる日が多くなってきました。

 

天気も良く気温が高いとついついどこかに出かけたくなりますが、まだまだ新型コロナウイルスの感染拡大が心配される中ではもう少し外出自粛は続けたほうが良さそうです。

 

ただ、家の中で過ごすにも限界があります。うちの家族もどこにも行けない日が続く中で知らず知らずにストレスが溜まっているようです。今日も子ども達は有り余るエネルギーを互いにぶつけ合い、よくわからないケンカをしていました。ぼくたち夫婦もちょっとしたことで言い合いになるなど、少なからず外出自粛の影響は受けているようです。

 

そんな息苦しいステイホームの毎日をなんとか変えようと自宅でできることを色々考えた末、「庭先に生えているミントを使ってミントカクテルでも作ってみよう」と思いついたのです。

 

なんと良いアイディア…。

 

美味しくできたかどうかは…まぁちょっと読んでみてください。

 

自宅の庭先に生えたハーブの数々

外出自粛といっても買い物は行くし、田舎なので庭もあるし近所を散歩もできます。そう考えれば都会のステイホーム生活よりまだマシかも…と思うのです。

 

我が家の庭も決して広いとは言えませんが、それなりに敷地はあります。そのところどころに植木や花が植えてあっていくつかのハーブも生えています。

 

ちらっとご紹介しますね。

 

・ラベンダー

自宅の庭に生えているラベンダー

もらった苗を3つほど植えたものです。右と左で種類が違うものみたいで葉っぱのかたちが少し違います。鼻を近づけるとラベンダーのいい匂いがします。

 

写真はまだ花は咲いていませんが、これから6月7月に向けて咲いてくると思います。

 

・カモミール

カモミールの花

妻のお母さんが植えてくれたものです。白と黄色がキレイなかわいい花が咲きます。まだまだ増やし途中なのですが、すでに甘い香りを漂わせてくれています。

 

・ミント

自宅の庭に生えているスペアミント

ミントにもいくつか種類がありますが、これはおそらくスペアミントでしょう。ぼくが子供の頃から庭先に生えていました。葉をちぎるとさわやかなミントの香りが鼻を抜けていきます。

 

ミントの繁殖力は強く、新しい家を建てた際に庭の隅から根っこごと持ってきて植え替えたミントがいつの間にかそこらじゅうに生えるようになりました。

 

自家製スペアミント 庭先のスペアミント

 

今回はこのミントを使っていきます。

 

自家製ミントを使ったミントカクテル

さて、さっそく庭で摘んだスペアミントを使ってミントカクテルを作っていきましょう。

 

はじめに断っておきますが、我が家はみんなお酒を飲まないのでカクテルといってもお酒は使いません。見た目はモヒート、味は三ツ矢サイダーです。

 

ミントの摘み取り

大きな葉のミント

 

庭で摘み取ったミントですが、1本まるまる採らずに上のほうの若い葉や大きい葉を選んで少しずつ採りました。なんとなくですが、そのほうがまた生えてくる気がしたのでそうしました。

 

洗ったミントの葉

 

ただやっぱり庭に生えていたものなので砂や虫が付いているかもしれません。摘み取ったあとは流水で軽く洗っておきます。

 

また、カクテルに使用するミントはスペアミントが良いのだそう。ミントにもいくつか種類があり、スペアミント、ペパーミント、アップルミントなどがありますが、甘みのある香りが特徴的なスペアミントは料理やカクテル作りに合うようです。

 

準備するもの

カクテル作りで使うもの

 

カクテル作りの前に使うものを準備します。

 

・スペアミント

・レモン(本当はライムのほうがいいのかも)

・サイダー

・ナイフ&まな板

・マドラー

・コップ

・すり鉢

・砂糖

・氷

 

本当はレモンではなくライムを用意しようと思ったのですが、田舎のスーパーにはライムなんていう洒落たものは置いていませんでした。

 

三ツ矢サイダーとウィルキンソン

 

また、ベースとなるサイダーはお好みで色々試してみると良いかもしれません。今回は三ツ矢サイダーとウィルキンソンのレモンを買ってみました。

 

ミントカクテルの作り方

作り方といっても材料を入れて混ぜるだけですが、一応写真とともに解説します。

 

カットしたレモン

 

①まずはレモンをカットしておきます。輪切りでもなんでも良いと思います。あとで飲みやすいように種はとっておくのが良いでしょう。

 

子ども達はレモンをつまみ食いしていました。酸っぱくねぇのかよ…。

 

すり鉢のミント すりつぶしたミントの葉

 

②次にミントをすり鉢ですりつぶします。すりつぶして入れるほうがより香りが出るかなと思います。もう気分はベニシアさんですよ。(有名なハーブおばさん)

 

 

すりつぶす作業は刃物を使わないので娘に手伝ってもらいました。一緒にやることで子ども達の思い出作りにもなりますし、おうち時間も楽しくなります。

 

ミントカクテル

 

③レモンとミント(ちぎった葉とすりつぶしたもの)、氷をコップいっぱいに入れて三ツ矢サイダーを注ぎ入れます。マドラーで軽くかき混ぜて出来上がり~。飾り付けに大きめのミントの葉をのせるとよりおしゃれになりますよ。

 

少しビターなお味がお好きな方はウィルキンソンをベースにして入れる砂糖の量でお好みの味を探ってみてください。

 

ミントカクテルのお味は…?

ぼくと妻、おじいちゃんおばあちゃんで試飲してみましたが、ミントとレモンの爽やかさが感じられてめちゃくちゃ美味しいサイダーになっていました。ウィルキンソンベースのほうはやはり甘さが控えめになっており、より大人の味って感じでした。

 

ただ、失敗したことがひとつ。

 

ミントはすりつぶして入れないほうが良いです。すりつぶすと見た目も悪いですし、香りも甘さより苦味が引き立ってしまう感じで、葉っぱのままのほうがミントの爽やかで甘い香りが強い気がしました。カクテルに入れる時にはすりつぶさず、ちぎって入れるくらいでちょうど良いです。

 

すりつぶした葉を入れたもの ちぎった葉っぱのみ

 

上がすりつぶしたミントを入れたほう。下がちぎったミントのみ。見た目も飲みやすさもちぎった下のほうが断然良かったです。

 

暑い季節にぴったりのおしゃれドリンク

ミントカクテル2

 

今日も快晴で暑かったのですが、これからの暑い季節にはミントやレモンが香るさわやかな冷たいドリンクがぴったりです。買ってきたサイダーをそのまま飲まず、コップに移して庭のミントを摘んできて入れればあっと言う間におしゃれなドリンクの完成です。

 

今回はお試しでやってみましたが、ちゃんと洗えば庭先のミントも使えるってことがわかったのでこれから時々やってみようと思います。お菓子や料理にも使えるようになったらすごいなぁ。

 

庭がなくてもベランダやちょっとしたスペースがあればミントを育てられるので、みなさんもこの夏に向けて自家製ミントを育ててみてはいかがでしょう。

 

では。

 

 

スポンサーリンク