田舎暮らしの新米パパ!おみそのプロフィール。

君津市の田んぼ カメレオン的思考

画面の向こうのみなさん、はじめまして!「おみそ」といいます!

ここではぼくの詳しいプロフィールを書いていきます。

 

アメリカ合衆国 ユタ州ソルトレイクシティ生まれ(まじ)、千葉県君津市育ち。

英語は全然しゃべれないけど、アメリカ文化は「かぶれる」くらい大大大大好きですwww

34歳の妻子持ち、新米パパ。

お寿司が好きでナマコ酢が嫌い。

キャンプとアメ車(4×4やトラック、SUV)が好きで、いつか家族でアメリカ大陸横断の車旅がしたい。(オーバーランディング)

【車×キャンプ】オーバーランディングの歴史を調べてみた。

2018年10月20日
夜空をバックに車の上に立つ人

グランピングに続く新しいキャンプスタイル、オーバーランディングが日本上陸。

2018年9月14日

 

不動産と住宅の知識が少しあり、インテリア妄想が好き。

ロマンチストで頑固。

田舎の魅力を再発見中。

環境と家計にやさしいNoタバコNo酒Noギャンブル。

大きな口をあけて笑う子供

「おみそ」がもっと分かる!ぼくの趣味や好きなこと、今気になっていることをダラダラ書いていくよ。

2018年9月14日

 

【ブロローグ】ブログをはじめるまで。

東京での歌手(スーパースター)の夢を諦め、実家のある君津の田舎に逃げ帰ってきて結婚。妻の出産を経て、子育て真っ最中です。ハッピーなこと続きで幸せは幸せなのですが、「何者にもなれていない」というモヤモヤが心の中のどこかにあって、「このままでいいのだろうか」と日々悩んでおりました。

 

「夫」にもなれた。

「父」にもなれた。

家族のもとに戻ってこれた。

 

でも…

 

スーパースターにもなれず、音楽の道も一切やめ、その後働いた不動産会社でもとくに目立った成績は残せず。。。

「東京でなにやってたんだ?」と、周りに言われるまえに自分がそう思う。

実家に帰り、新しい家も建てた。子供も生まれた。仕事もある。

でも「夢」がない!?

そんなことを気にしたりしなかったりを繰り返しながら毎日を過ごしておりました。

 

そんなある夜、寝る前にカフェオレをがぶ飲みしたせいでなかなか寝付けず(カフェインに弱い)、布団の中でネットサーフィンしていました。毎月の給料にプラスアルファがほしくて「副業でもう少し稼げたらなー」と検索した「副業」の2文字。

検索結果には「治験」とか「ラベル貼り」、「夜間トラック運転手」とか「チャットボーイ」など…。

中でも「アフィリエイト」は以前にも興味があり、調べたことはありましたが、行動までには至りませんでした。その流れで「ブログ」の文字も出てきましたが、どれもこれもとにかく怪しい!!!でも見ちゃう!!!クリックしちゃう!!

 

人間とは脆いものです…

 

「ブログで月10万円稼ぐ方法!」とか「ブログで不労所得」とか、いかにも怪しいサイトを読み漁っておりました。

でも、いろいろ見ていくと「ブログで稼ぐ」というのは案外「やれるんじゃないか」と可能性を感じたのです。もしかしたら怪しいサイトの言葉にまんまと洗脳されているのかも知れません。でも副業として稼ぐのに、本業の仕事以外にアルバイトに行く時間も気力もない。夫婦共働きは家庭の健康を損なう。内職は利益率が悪い。…などなど、自分の価値観にあうスタイルが無かったのですが、ブログなら頑張れるかも!と思えたのです。

 

  • ブログなら「副業」「不労所得」という「新たな目標」ができる!
  • そのあとにまた新しい夢がひろがる!「あれがほしい!」「これがやりたい!」
  • もしかしたら「何者」かになれるのではないか!

 

…と、ワクワクした気持ちになってきたのです。その日はますます眠れなくなりましたwww

そして、頭は正常なのか洗脳なのか、こうして自身のブログを立ち上げることになったのです。

ブログ、リニューアルしました。

2018年10月11日

 

【学生時代】歌手を目指し東京へ!

ぼくは高校時代、アコースティックギターで弾き語る「ギター部」に所属しておりました。

本当はバスケ部に入って女の子達から「きゃーきゃー」いわれる予定だったのですが、自宅から高校が遠く、親から「勉学に支障が出ないように」と文化部の部活を勧められ、予定変更しギター部で「きゃーきゃー」いわれることにしたのです。

やってみるととても楽しく、黄色い声援もほどよく聞こえてきましたwww

地元の駅でストリートライブをやったり、海ほたるのレストランで歌ったり…。けっこう精力的に活動してたと思います。

 

そして高校3年間があっという間に過ぎ…

 

進路を決める時。なんとなく親に「音楽やってみたい」って言ったら、あっさり「いいよ」と承諾を得られたんです!「その代わり責任もってやりなさい。」的なことを言われました。そのときその言葉にどんな願いが込められていたのかは、音楽を辞めた今では聞くことすらできません…。

 

地元の高校を卒業して音楽の専門学校へ入学しました。

この時期は学校内の授業やレッスン、発表ライブなどをこなしながら外部の個人レッスンへ通うなど、歌や音楽の技術を磨こうと必死でした。

専門学校を4年通い、卒業後も学校のアシスタントやボイストレーナー、ライブハウス歌手など、スーパースターになろうとさまざまな活動をしてきました。…が、世の中には才能のある人は腐るほどいて、「努力では越えられない壁」みたいなものにぶちあたりました…。

 

  • 「諦めなければいつかは…」
  • 「続けることが大事」
  • 「個性を大切にしなさい」
  • 「お前にしか歌えない歌がある」
  • 「人と比べるな」

 

などなど、周りに色々言われましたが、自分の目指す歌がなかなか歌えず、出したい声が出せず、ただただ時が経っていく…。いつしか「歌うこと」が嫌になっていました。

「このままでは本当に音楽や歌が嫌いになってしまう!」と思い、おもいきってやめる事にしました。

それまで続けていたレッスンもライブも一人カラオケも…。

諦めることも大事。みんな、「諦めないこと」を諦めてみませんか?

2018年9月20日

 

【社会人時代】そして昼の世界へ…。

音楽を辞めてからはまったく違う、昼間の仕事。

サラリーマン!社会人!いい大人!

今まではライブがだいたい夜の時間帯なので、どちらかというと夜型の人間になっていました。夜型の生活から、朝から仕事をする昼型人間になり、すごく「健全な生活」って気がして、生まれ変わったようでした。

仕事は知人の紹介で不動産の営業マンをやることになりました。

 

給料は歩合制だったので、良いときもあれば悪いときもある。バカみたいに稼げたわけではないですが、いろいろな物件をみて回ったり、住宅が更地から出来上がっていく様子を見られたり、お客さんとインテリアについて相談したりなど、住宅にかかわる仕事は楽しかったです。

 

その後も会社を変え、5~6年ほど不動産・建築の仕事をしました。

 

【東京ピリオド】ついに実家へ…。

何年も東京で一人暮らしをしながらサラリーマンをしていると、だんだんと「人」が恋しくなってくるものです…。

小さいアパートのドアを開けても「ただいま」を言う相手がいないwww

 

ひとりでいると人間よくないですww さみしさが不安をつれてきて、ひとりでいる時間に「将来の不安」だとか「お金の心配」だとか、マイナスのことばっかり考えるようになります。そして疲弊していく…。(今思えば、このときからブログやっておけばよかったなと思う。。。)

心身ともに東京暮らしに疲れたころ、心の寂しさを埋めてくれる相手と出会いました。

今の奥さんです。

お互い、年齢も年齢だったので、ある程度結婚を意識した付き合いになりまして、その頃から「結婚を機に実家に帰る。」ということを具体的に考え始めました。

 

  • 「田舎の家の長男」
  • 「継ぐ家と守る土地がある」
  • 「将来、親の面倒を誰がみるのか?」
  • 「このまま東京にいて何になる?」

 

など、目を背けることができない現実を突きつけられていました。

しかし、東京生活に疲弊していたぼくは、そんな現実問題を「田舎に帰る理由」として都合よく解釈してしまったのです。表向きは「家の為に東京から凱旋した長男」ですが、実際は「東京で何者にもなれず、ただ疲れたから…」という、なんともお粗末な理由なんです。

 

【新生活~現在】今、幸せです!でも…

そんなワケで実家のある千葉県君津市に帰ってきたのです。もちろん奥さんも一緒に。

 

君津市は大半が里山と田んぼが広がる農業地域ですが、ぼくが住んでいるところは内陸の里山に囲まれた「ほどよい田舎」です。

ふたりで実家に帰ってくるといっても部屋がない!仕事も探さなきゃ!などなど、生活環境を変えるとなると準備やら手続きやらで死ぬほど忙しい!!でも、それがまた新生活構築の楽しみでもあります。

そんなわけで、実家の敷地内に新しく家を建てました。仕事も見つけました。この辺のはなしはまた別の機会に詳しく書こうと思います。

 

さらには娘ちゃんも生まれました!!

幸せなことがたくさんあります。東京で一人暮らししていたときより、何倍も何十倍も幸せに感じます。どこかのだれかが言ってた「家族といると幸せが何倍にもなる」ってこーゆーことか。と実感する日々です。

なんかね、一人暮らしでひとりでテレビみて笑うのより、となりで奥さんが娘ちゃん抱えてテレビ見て一緒に笑うのほうが何倍も嬉しい。

うちの両親や兄弟の前で娘ちゃんが高速ハイハイするとみんなで笑うから倍倍嬉しい。

そんな感じですwww

妊婦のお腹と旦那のお腹

【つわり】妊娠中の妻を支える夫になるための5つの心構え。

2018年9月4日

 

え?

「充分幸せそうじゃん!!!」って?

ええ。しあわせなんですが、「何者にもなれずに」帰ってきた自分が心の奥にいて、どっかに何かを忘れてきたような。。。そんな感覚があるんです。みなさんも似たような気持ち感じたことありませんか?

それはもしかしたら「やりたいことをやりきってない」からかもしれませんし、心のどっかで「俺はもっとできる!出来る子だ!」って思ってからかもしれません。

モヤモヤしてて自分でもまだよくわかりませんが、そのモヤモヤを解消すべく、このブログに手を出したワケで…。

 

これからどんなブログになるのか、

未来の自分がこの記事をみて「ぷっ」と笑うのか。

楽しみにしててください。

これから末永くよろしくお願いいたします。

 

「おみそ」

 

スポンサーリンク