オーバーランディング仕様にカスタムされたアメ車がカッコ良過ぎるので紹介します。

オーバーランディング

おみそです。

 

久しぶりにオーバーランディング関連の記事を書きたいと思います。

 

「オーバーランディング」と言ってもこの日本ではそれらしいことを「真似」するくらいしかできず、結局は「いつものオートキャンプ」にしかならないんです。だからこそオーバーランディングという言葉も馴染まないし浸透しません。

 

まぁ、海外のオーバーランダー達には「ホンモノのオーバーランディングってナンダ?お前達がそう思えばそれはオーバーランディングだろう!」なんてことを言われそうですが…。

 

さて今回はオーバーランディング仕様にカスタムされたアメ車たちをご紹介します。クロカン・ピックアップトラックがそのメインのベースマシンとなりますが、どれも無骨なカスタムが施されており男心をくすぐります。

 

オフロード向けにチューンナップされたアドベンチャービークルはめちゃくちゃカッコイイですよ!

 

米国トヨタ「タンドラ」のオフロードカスタム。

米国トヨタ「タンドラ」オーバランディングカスタム

写真:Hiconsumption

 

日本でも人気の米国トヨタ「タンドラ」。世界のトヨタが送るフルサイズピックアップトラックをオーバーランディング仕様にカスタムした車両がこちら。

 

足回りもブラックで統一し、フロントガードがまさにオフロードビークルといった雰囲気を醸し出しています。

 

フロントバンパーにもウインチが内蔵されているようで、他車のスタック救出やセルフリカバリーにも対応できるでしょう。サイドステップやルーフキャリアまでつけるとかなりの迫力になりますね。

 

タンドラはアメリカでも多くのオーバーランダー達に愛用されています。

 

オフロードの代名詞、Jeep「ラングラー」。

Jeep「ラングラー」オーバーランディングカスタム

写真:First State Overland

 

オフロードといえばJeep「ラングラー」を忘れてはいけないでしょう。

 

日本でもその見た目からアウトドア志向の人を中心に大人気のアメ車です。

 

もともとは軍用車なので悪路走破性は抜群。さまざまな地形を巡るオーバーランディングの旅でもラングラーは最適のオフロードカーでしょう。

 

ルーフキャリアにはルーフトップテント、コンテナボックス、ジェリー缶などが積まれています。色もブラックに合わせているあたりがポイントですね。よく見ると後ろのほうには黒のトラクションボード(MAX TRAXなど)も装備されています。

 

 

「いかつい見た目」を重視した過度なカスタムを施すラングラーも多いですが、個人的には「必要なものを必要なだけ装備した」正統派なラングラーのほうが好きですね。

 

軍用車?フォードの巨体「F-250」。

フォード「F-250」オーバーランディングカスタム

写真:imgur

 

こちらはアメリカが世界に誇る大手自動車メーカー「フォード」のフルサイズピックアップトラック「Fシリーズ」から「F-250」

 

ベースサイズの「F-150」よりも一回りデカく、その巨体は日本のダンプカーのよう…。これよりもっと大きいピックアップトラックがあるんだから、アメリカのスケールのデカさには脱帽です。

 

そんなF-250を更にリフトアップしてルーフテントを乗っけて…。テントからの眺めは最高でしょうね。

 

サイズといいボディカラーといいかなりミリタリー感が強く出ているため、こんなので「キャンプに来ました~」なんて言われても「軍事演習か?」とビビッてしまいそうです。

 

ラムちゃんめっちゃ好き。ラム「Ram2500」。

Ram2500パトリオットキャンパーズカスタム

写真:Patriot Campers

 

『見出し』だけに取り乱してしまいました…。(え?そーゆーのいらない?)

 

こちらはオーストラリアに拠点を置くキャンピングトレーラーのビルドメーカー「パトリオット・キャンパーズ」のモンスターマシン、その名も「SUPERAM」です。ベースとなっているのは「Ram2500」です。読み方はスーパーラム?スペラム?

 

ただでさえ巨大なボディにキャンパーシェルを背負わせてますます迫力が増しています。オーバーランディングに必要な装備を全て積み込んで、これならどんな辺境の地でも躊躇なく進んで行けそうですね。

 

シュノーケルやルーフキャリアに並んだ丸型LEDライトも良いですが、フロントバンパーから伸びる極太アンテナが超絶カッコイイ!!!「え?そこ?」って思う方もいると思いますが、このアンテナがあるのと無いのとではカッコよさが数段違ってきます。(…と思うのです。)

 

オーバーランディングは他の車との連絡のやり取りやナビゲーション情報の受信など、アンテナを張っておくことがドライビングを左右する重要なポイントになってきます。この極太アンテナの役目もそういった理由があるのでしょう。

 

最近はコレが欲しくてたまりません…。(たぶん1000万円くらいかしら…)

 

日本でもお馴染みトヨタ「ランドクルーザー」も本格オフローダーに。

トヨタ「ランドクルーザー」オーバーランディングカスタム

写真:WARN

 

「ランドクルーザー」自体がすでに「本格オフローダー」「クロカンの王様」として世界で認められていますが、さらに特化させると見た目も無骨でワイルドなイメージに仕上がります。

 

オーバーランダー達の間ではさまざまな年式のランクルがカスタムのベース車両として用いられており、オーバーランディングの祭典「オーバーランドEXPO」でも数多く目にします。(ぼくはネットで見ているだけですが…)

 

専用パーツも多く幅広いカスタムが可能なランドクルーザーですが、上の写真は現行の200系をアメリカのオーバーランディングチーム、Expedition Overlandがカスタムしたものです。

 

日本でもよく見かける現行200系ランドクルーザーですが、ルーフトップテントやウインチ、シュノーケルなどを装備するとより本格的なオフローダーになりますね。

 

ミッドサイズピックアップ、シボレー「コロラド ZR2」。

シボレー「コロラドZR2」オーバーランディングカスタム

写真:NEW ATLAS

 

こちらは日本の雑誌でも取り上げられたシボレー「コロラド ZR2」のオーバーランディング仕様のカスタム車両です。

 

もともと「コロラド ZR2」がオフロード特化モデルとして登場しましたが、ボディカラーやオフロード装備を追加することによってアドベンチャー色を全面に押し出すデザインになっています。

 

ミッドサイズピックアップながらその存在感はボディサイズ以上!同クラスに米国トヨタの「タコマ」やフォードの「レンジャー」などがありますが、オーバーランディング仕様にカスタムすることで他のモデルにはない魅力が生まれます。まさに「自分だけの一台」になるのです。

 

ここをいじればあなたの車も立派なアドベンチャービークルに。

オーバーランディングで使用されるクロカンやピックアップトラック、いわゆる「アドベンチャービークル」には大体同じような装備が施され、カスタムの傾向も似てきます。

 

もちろん人それぞれ好みや必要だと思う装備も違うため、必然的に個性的なマシンが出来上がるわけですが、共通するカスタムポイントを抑えれば自分の車もちょっとしたアドベンチャービークルにすることが可能です。

 

・車高をリフトアップ&タイヤは大きめのA/Tタイヤ

・ルーフトップテント

・MAX TRAXなどのトラクションボードやジェリー缶を積む

・バンパーガード&内蔵ウインチ

・少し多めに付けられたLEDライト

・シュノーケル

・ボディカラーは黒やカーキ系だとミリタリー感UP!

 

全てやるととんでもない金額になりそうですね…。これは全て「見た目」の話ですが、車のパフォーマンスを向上させるために機能的な部分をカスタムするとさらにお金がかかることになります。

 

車の改造はお財布と家族に相談してからやりましょう。

 

ぼくもいつか…。

 

おわりに

オーバーランディングはキャンピングカーやキャンプトレーラー、バイクなど様々な乗り物を用いて行われています。古いビンテージカーや大型バス、軍用車を改造して旅する人もいます。

 

「これが正解!」という定義はないですが、アメリカをはじめとする海外ではこの「オーバーランディング」の概念が定着しているのです。

 

車を「キャンプギアのひとつ」としてキャンプをするスタイルは日本ではなかなか見かけないため(オートキャンプとは少し違う)、日本でも新しいキャンプスタイルとして流行るのではないでしょうか。

 

ぼくもこんなガチガチのアドベンチャービークルに乗って旅をしてみたい!

 

ではまた!

 

 

スポンサーリンク