【君津の雑貨カフェ】里桜庵は雰囲気も味わえるお店でした。スイーツ・雑貨・絵本など素敵なものだらけ。

君津市周辺のスポット

おみそです。

 

少し遅いぼくの正月休み。

 

天気も良かったので家族でオーバーランディングに出かけました。(※ちょっとしたドライブをしただけです…)

夜空をバックに車の上に立つ人

グランピングに続く新しいキャンプスタイル、オーバーランディングが日本上陸。

2018年9月14日

 

 

目的地は君津市の里山の中にある「里桜庵(りおうあん)」というスイーツと雑貨のお店。

 

奥さんが君津市内のおしゃれなカフェを探していたときに見つけて、「今度行ってみよう」と話していたお店でした。

 

アンティーク雑貨や絵本も置いてあるようなので、気になる要素満載です。

 

いざ、出発!

 

里桜庵をめざす前にちょっとドライブ。

里桜庵のお店のサイトを見ると、「君津インターを降りて房総スカイライン→国道465号線」を通るルートを案内していますが、ぼくらは久留里街道から国道410号線の山道を抜けてきました。

 

久留里街道は田舎の田園風景と里山の景色を見ながら走ることができるので、休日のドライブには最適です。

 

そこから国道410号線に入ると一気に「山!!」って感じの山道になるので、我が家のプチ・オーバーランディングにはもってこいです。

 

国道410号線の山道とグランドチェロキー

国道410号線の山道にて。

 

途中にもちょっとした観光スポット?的な場所もあったり、きれいな里山の風景写真が撮れそうな場所もあるので、また別の機会にまとめてご紹介します。

 

東京方面からお越しの方は、お店の案内通り「君津インター→房総スカイライン→国道465号線」を通るルートだと分かりやすいです。

 

慣れない土地の山道で迷っても不安になるだけですしね。

 

里桜庵に到着。一見ふつうの民家に見えるけど…。

山道を抜けてナビ通りに走っていると、突如として見えてきた「OPEN」の文字。

 

里桜庵のたて看板

道路沿いにたつ「OPEN」の看板。

 

一見、ふつうのお宅のようにも見えるので、「OPEN」や「お菓子」の文字を見逃すと通り過ぎてしまうかもしれません。

 

里桜庵の外観

里桜庵の外観。普通のお宅っぽいけど…。

 

でもよく見るとウッドテラスや板張りの小屋などが増設されていてお店であることが分かります。

 

里桜庵の外観と入り口

近づくとお店であることがわかります。

 

駐車場は3台~4台分くらい?

 

車を停めて店内に入ると、所狭しとアンティーク雑貨やお洒落な照明器具、絵本などが置いてあります。

 

「どっからどこまでが売り物だろう?」とも思いましたが、どれも素敵な雰囲気の物ばかりで、宝探しをしている感覚になりました。

 

娘が興奮して暴れだしたのでゆっくりは見れませんでしたが、今度来るときはもっとじっくり品定めしてみたいものです。

 

陽のあたるテラスでティータイム。

ショーケースの中にはケーキやタルト、キッシュなどが並んでいました。

 

店内でも食べられたのですが、せっかくなのでテラス席でティータイムをすることに。

 

奥さんは「黒蜜きな粉ラテ」。ぼくは普通のイチゴのショートケーキとアイスコーヒーのセットにしました。

 

他にもかぼちゃのタルトやショコラケーキ、チーズケーキなど美味しそうなものばかりでしたが、娘がイチゴを欲しがっていたので仕方ありません。

 

でも食べると間違いなく美味しい。黒蜜きな粉ラテも一口飲ませてもらいましたが、和の甘みが口いっぱいに広がりとても美味しかったです。

 

娘もホイップクリームが少しついたイチゴを美味しそうに食べていました。おかげでぼくはショートケーキのイチゴの部分はあまり堪能していません…。

 

里桜庵のテラス席

すべて食べ終わったあとに撮りました…。

 

ごめんなさい。きな粉ラテもショートケーキもすべて食べ終わってから写真を撮りました…。もっと美味しそうな写真を撮りたかったのに…。

 

この日は天気もよく風も無かったため、陽の当たるテラス席で充分くつろぐことができました。

 

めちゃめちゃインスタ映えるけど、写真撮影はNG…?

お店に並ぶアンティーク雑貨や絵本はどれも素敵で、かなりインスタ映えを期待できそうです。(ぼくはインスタをあまり活用していないので、とくにこだわりませんが…。)

 

ブログ用に写真を撮りたかったので、一応お店オーナーさん?に「撮っていいですか?」とお尋ねしたところ、「紹介はどんどんしていただきたいのですけど、写真は…。」とちょっと困惑した表情。

 

「どうしようかな…?写真かぁ…。どうしよう。」

 

と、困らせてしまったようだったのでこちらから「難しいようならだいじょうぶですよ(^^)」

 

と遠慮させていただきました。

 

なので今回の記事には写真があまりありません。

 

ネットで検索するとたくさん店内写真を載せてるブログもありますし、インスタにはお客さんが撮ったであろうお洒落な写真がたくさん出てきます。

 

「もしかしたら常連になれば撮れるとか?」

「一定の編集スキルがないとアップしちゃダメとか?お店のイメージもあるし。」

 

色々な憶測が帰りの車の中で飛び交いましたが、真相はなぞのまま…。

 

ただ、とても素敵なお店だということは間違いないので、気になる方は他のブログやインスタをのぞいてみてください。

 

まとめ&店舗情報

いかがでしたか?

 

房総の里山にあるスイーツ・雑貨・絵本のカフェ「里桜庵(りおうあん)」

 

周りには数軒の民家がありましたが里山の中にあるため、とても静かで居心地が良かったです。ケーキやコーヒーの味と共にお店の雰囲気を味わえる素敵な場所でした。

 

お土産にクッキーを二種類買ってきましたが、これもとても美味しかったです。

 

里桜庵のクッキー

ゆずのクッキーとイノシシのクッキー。

 

今度はアンティーク雑貨や絵本を目当てに行ってみようと思います。(エジソン電球ライトが欲しい…)

 

近くにはマザー牧場やキャンプ場、ゴルフ場なども多くあるので、ドライブや観光に来た際は立ち寄ってみてくださいね。

 

ぼくたちは年明けてすぐに行ったのですが、年末年始休まず営業されてたみたいです。素晴らしい。

 

これで我が家のプチ・オーバーランディング、おしまい。

 

 

店舗情報

田園菓子のおくりもの工房 「里桜庵」
Tel:0439-70-9533
住所:千葉県君津市東日笠280-28
営業時間:10時30分~17時00分
定休日:木曜日(詳細は、公式HP)
公式HP:https://riouan.exblog.jp/

 

 

 

スポンサーリンク