台風19号襲来!台風2連チャンはさすがにキツイよ…。

カメレオン的思考

おみそです。

 

前回の更新から1週間も経ってしまいました…。

 

おひさしぶりです。

 

さて、10月12日に日本列島を襲った台風19号。近畿~関東~東北と広い範囲で甚大な被害が出た今回の台風ですが、みなさんの地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

ぼくの住んでいる千葉県君津市は、9月に襲来した台風15号の記憶がまだ新しいうちに台風19号を迎えることになりました。今回はそこまで大きな被害は出なかったのですが、自分の記憶に焼き付ける意味もこめて記事にまとめておきます。

 

※写真も何もありませんがご了承ください。

 

 

台風15号から約1ヶ月。台風19号襲来。

「自然には勝てない」

 

こういった自然災害が発生するときにはこう思うしかないのですが、「もう少し空気を読んでくれよ…」と思うのはぼくだけでしょうか。

 

9月9日に上陸した台風15号は千葉県に大きな被害をもたらし、長期間にわたる停電も問題となりました。その騒ぎが少し落ち着いてきたかなと思った矢先、今度はさらに強力な台風19号がやってくると言うじゃありませんか。

 

台風19号の関東接近は10月12日頃、なんとその日は我が家の九州旅行出発の日でした。

 

「おいおい、台風ちゃんよ、もう少し空気を読んでくれないか…。」

 

久しぶりに連休をとって、3泊4日で九州佐賀にある妻のお姉さん家族に会いにいく予定でした。お姉さん家族と買い物行ったりバーベキューしたり、ゆっくり過ごす予定でした。それが台風のせいでパァになってしまったのです。

 

ギリギリまで「もしかして上陸がズレるかも…」「もしかして飛行機とぶかも…?」なんて淡い期待を持っていましたが、台風が近づくにつれて「もうダメだね。キャンセルしよう。」ということになりました。

 

ニュースでは「台風15号より大きい」「今年最大級の強力台風」などと報道されており、さすがの我が家も旅行のことはあきらめ、台風の備えにとりかかりました。

 

台風接近。店から防災グッズや食料品が消える…。

台風上陸の前日、今回の台風はかなりの大きさだったことから、すでに前日から雨と風が強くなってきていました。

 

そんな中、防災グッズや食料品を買いに出かけたのですがちょっと動き出しが遅かったようで、スーパーやドラッグストアからは養生テープや電池、レトルト食品などが消えて無くなっていました。すべて売れてしまったのです。

 

台風15号では風害が最もひどかったこともあり、窓ガラスが割れて飛散するのを防ぐための養生テープやガムテープはどこのお店に行っても手に入りませんでした。

 

水や食料はある程度備蓄していたため大丈夫だったのですが、何店舗も回って手に入ったのは乾電池1パックとトイレットペーパー、ティッシュだけでした。

 

「まだ1個2個くらいはあるだろう…」と思っていたぼくがバカでした。

 

台風の備えは早くからはじめ、買い物も早めに済ませておくようにしましょう。

 

台風の前に準備しておきたいもの

・養生テープ

・ガムテープ

・ブルーシート

・電池(持っているライトなどに合わせて)

・水(飲み物)

・食料(カップ麺、レトルト食品、パンなど)

2日間の停電。ランタンやヘッドライトが本当に役立つ。

そしてついに12日夜、台風19号が関東に最接近~上陸となりました。

 

今回の台風は雨の量もすごかったようで、神奈川県の箱根町や長野県、茨城県の水戸、その他数多くの地域で記録的な豪雨となり、一級河川が次々と氾濫しました。

 

千葉県は雨の被害はそれほどでもなかったのですが、それでも台風通過中は雨風ともに物凄い勢いで、子供を寝かせた後もニュースで情報を集めながら時折窓から様子を見ていました。(危ないからマネしないでね)

 

夜20時過ぎ頃、停電しました。

 

前回のことがあったので停電は覚悟していましたし、正直あまり驚きませんでした。

 

台風は夜のうちに関東を抜けていきましたが、次の日は一日中停電でした。幸い?にも旅行のために連休をとっていた最中だったので落ち着いて被害状況の確認をすることができました。風の勢いはすごかったのですが、朝庭に出てみると思ったより目に見える被害は少なく、「あとは停電がいつまで続くか…」といった不安だけが残りました。

 

ここからは電気が使えなく、ネットも繋がらないため、情報収集手段はラジオとたまに繋がる妻のスマホ、車のワンセグを見ることでした。

 

日が落ちれば家中の懐中電灯とランタンを総動員して室内を照らしました。前回もそうでしたが、やっぱりキャンプ用のランタンやヘッドライトは本当に役立ちます。懐中電灯なんかより明るいし、ご飯の準備のときにはヘッドライトが大活躍でした。

 

千葉県は思ったより被害は少なかったもよう。

停電は14日の夕方に解消されました。(我が家の周辺)

 

あらためてテレビで流れるニュースを見てみると、今回は関東~甲信越、東北地方のほうに大きな被害が出ていました。すでに皆さんがご存知の通り、各地で大きな川が氾濫し深刻な被害が出ているのです。停電や断水はもちろんですが、床下・床上浸水したお宅が多く、泥の掻き出しや家財の片付けが大変そうです。

 

それに比べると今回千葉県はそこまで大きな被害は無かったようです。もちろん突風(竜巻)で家が破壊されたところもありますし、今だ停電や断水で苦労されている人も多くいると思います。

 

少なくとも我が家周辺では前回の台風15号の被害に追い討ちをかけるような深刻な被害は少なかったようです。

 

おわりに

立て続けにやってきた台風の脅威。

 

我が家はなんとか少ない被害でやり過ごすことができましたが、今度はどうなるかわかりません。近くの川が溢れるかもしれないし、突風で屋根が飛ばされるかもしれない。停電が長く続くかもしれない。大きな地震が来るかもしれない…。

 

「災害大国ニッポン」という国で暮らすには「家を持つこと自体がリスクなのかもしれない…」とも思う今日この頃ですが、いつ、どんな大きな災害が起きてもおかしくない状況になってきているこの国で、普段からできる備えと心構えはしっかり持っておこうと再認識した期間でありました。

 

おかげでブログの更新も止まり、PVも頭打ちですが、いま一度気持ちを切り替えてブログに仕事に家庭に頑張っていきたいと思います。

 

幾度となくやってくる自然災害。それでもそれを乗り越え復興・発展してきたのが人間の力です。

 

せっかく生き残ったんですから、次はもっと生き残れる確率を上げるべく、今からできる準備をしていきたいものですね。

 

そして「明日死ぬかもしれない!」という覚悟を持って、毎日を一生懸命に生きれたら素晴らしいですよね。

 

そんなことを思い、今回の記事は締めくくらせていただきます。

 

では。

 

 

スポンサーリンク