【緑のカバの弁当屋】としまやのチャーシュー弁当&とり弁当で贅沢お昼ご飯だよ。

君津市周辺のスポット

おみそです。

 

みなさん、お腹空いてますかーーーーー???

 

最近、アメ車以外にはアイスとか飯の記事ばっかり書いてる気がしますが、今回はめちゃくちゃ美味しそうな千葉県の「ご当地弁当」をご紹介します。

 

テレビでも取り上げられて人気急上昇中のあの弁当です。

 

飯テロ注意ですよーーー!!!

 

緑のカバのマークの「としまや弁当」。

地元に住んでいる方はもちろん、ドライブや観光で来たことがある方もこのカバのマークを見かけたことはありませんか?

 

としまや弁当の看板

画像:きさレポ

 

これは千葉市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、君津市で店舗展開をしている房総地元の弁当屋「としまや弁当」のマスコットキャラクターなんです。

 

としまや弁当は現在5つの市内に合計12店舗を構えており、地元の人以外にも観光客やゴルフ客などに人気のあるお弁当屋さんです。

 

ここの弁当が本当に評判がよく、最近ではテレビでも取り上げられ人気急上昇中なんです。

 

 

千葉のB級グルメ!「チャーシュー弁当」

そんなとしまやを代表するのがチャーシュー弁当、「通称:チャー弁」です。

 

名前の通り、甘辛いタレに漬け込んだ大きくて分厚いチャーシューがご飯の上いっぱいにのせられた、迫力ある弁当です。

 

そのインパクトとやみつきになるタレの味が、地元の人には昔から親しまれてきました。それが観光客のクチコミなどを伝ってテレビやメディアで紹介されるまでになったのです。

 

ぼくも小学生の頃などはよく食べていました。

 

記憶にあるのは剣道の試合の時。地元の剣道教室に通っていたのですが、試合の時はママさんが子供達の弁当をまとめてとしまやに注文してくれるのです。この後紹介する「とり弁」と一緒に頼んだりして、「どっちか選んでーー!!!」なんて。

 

鶏肉好きにはたまらない!「とり弁当」

としまや弁当には他にも美味しいお弁当がたくさんあります。

 

鶏肉が好きな方には「とり弁当」があります。

 

とり弁当は香ばしく焼かれた鶏肉を「秘伝のタレ」に漬け込んでご飯の上に敷き詰めたもの。

 

これも美味しいんですわー。

 

剣道の試合の時、弁当取るのが遅いと自動的にこのとり弁になってました…。やっぱりチャー弁は子供にも人気みたいです。

 

こんな風にとしまやの弁当は運動会やスポーツ大会、会議やロケ弁などさまざまな場所で利用されています。

 

「お弁当3つも買って今日は贅沢ランチよ!」

ある日の昼。

 

午前中に子供の病院と買い物、友人宅へと忙しく動いていたため、お昼ご飯を作る時間がなくなってしまいました。すると妻が「お弁当でも買って帰る?」と言ったので、テレビで紹介されていたチャー弁を見て久しぶりに食べたくなっていたぼくは「としまやは?」と提案してみました。

 

埼玉から千葉に嫁に来た妻もとしまやの弁当は気になっていたらしく、すんなり「OK」が出たのです。

 

ちょうどお昼時だったので一本電話を入れて予約をしてからお店に向かいました。

 

注文したのは…

 

・チャー弁(大盛り):税込み760円

・チャー弁:税込み698円

・とり弁:税込み597円

 

の3つ。

 

とり弁は娘のために買いましたが、2歳の娘が大きなお弁当をまるまる食べられるわけもなく、残りはぼくが全て食べる魂胆でした。

 

「(金額)けっこうしたね。お弁当3つも買って…。今日は贅沢ランチよ!今日だけね!」と妻。

 

妻は本当はスーパーの安い弁当で済ませたかったようですが、としまや弁当の魅力とぼくの口車にのせられて2000円以上のランチとなってしまいました…。

 

たまにはいいよね。

 

ご飯の大盛りは税込み62円増しになるそうです。

 

チャー弁ととり弁のレビュー。

チャーシュー弁当と野菜

野菜が全くないので畑で採れたきゅうりといんげんを添えました。

 

ただただうまいっす!!!

 

これに尽きるでしょ?余計な説明いらないでしょ?写真みれば美味しさが伝わるでしょ!

 

としまやのチャーシュー弁当ととり弁当

 

そうなんです。チャー弁もとり弁も白いご飯に肉がどーーーん!!ピンクの漬物がちょん…ってカンジで、あんまりレビューとか説明とか必要ないような気がします。

 

言うとすれば…

 

・チャー弁:とにかくチャーシューが肉厚。ご飯もけっこう入っているのでボリューム感も抜群。秘伝のタレがご飯に染みて、肉がなくなってもタレご飯だけでイケる!女性は野菜が無いのが気になるでしょうけど、たまにはこんなランチも良いのではないでしょうか。妻は「チャーシューがパサパサ。もっとトロッとしてるかと思った。」とのこと。でもとしまやのチャーシューはコレだもん!!!

 

チャーシュー弁当のチャーシュー

とり弁の写真は…撮り忘れました。

 

・とり弁:ひとつひとつの肉が小さく切ってあるので食べやすい。その代わり秘伝のタレが染み込み過ぎるのか、ちょっとしょっぱいかな。タレご飯をさらにオン・ザ・ライスすればちょうどいいかも。でも美味しい!とり肉だけをつまんでレタスやトマトと一緒にパンに挟んだら美味しいかも!

 

こんな感じです。

 

注意点はとしまやの弁当には大体「秘伝のタレ」なるものが使われているため、のっかる具は違えど味はほとんど変わりません。また、野菜が入っていないので、健康に気を使う人はサラダなどを別で購入してください。

 

 

地元にも観光客にも愛される伝統の「ご当地弁当」。

全国のみなさん、どうです?食べてみたくなったでしょう?

 

地元にいる人は昔からある「としまや」の弁当を当たり前のように食べていてその魅力に気が付きませんが、テレビで紹介されたりすると「あぁ、こんな素敵な弁当だったんだ…」とその価値を再認識させられます。地元愛もより深まります。

 

ぼくも地元に帰ってきて、久しぶりに「チャー弁」「とり弁」を食べて本当に美味しいなと思いました。

 

木更津には他にも「吟米亭 浜屋」のバーベキュー弁当、「通称:バー弁」があり、こちらも有名です。(※としまやにもバーベキュー弁当はありますが、浜屋のほうが有名。)としまやの「チャー弁」と浜屋の「バー弁」、房総の二大巨頭として地元のご当地弁当界を盛り上げてくれています。そのうち浜屋のバー弁も記事にしたいと思います。

 

地元の人に愛され、観光客にインパクトを与えるご当地弁当。

 

みなさんの地元にも愛すべきご当地弁当があるのではないでしょうか。

 

ごちそうさまでした。

 

 

スポンサーリンク