【Twitter】初めてのリツイート企画でわかったこと「フォロワー数=ファンの数」ではない。

カメレオン的思考

おみそです。

 

先日、ツイッターのフォロワー400人達成を記念して、日頃絡んでくれるフォロワーさんへの感謝の意をこめたリツイート企画を実施しました。

 

ツイッターでは「よくある企画」として、ちょくちょくタイムラインに上がってくる「リツイート企画」。

 

初めての試みでしたが多くの方にご参加いただき、めでたくフォロワー500人も突破しました。

 

しかし、企画をやる中で自分の中で「思うこと」が出てきたので記事に書き留めたいと思います。

 

ツイッターをはじめたばかりで「自分もリツイート企画をやろうかな…」と考えている人には是非読んでもらいたいです。

 

リツイート企画は結構疲れる。

疲れ切った人気者のうさぎ

 

ツイッターでよく見かける「リツイート企画」は結構疲れます…。

 

ぼくはツイッターをはじめてまだ半年くらいですが、インフルエンサーの方やベテランツイッタラーの方達はよくもまあこんなに大変なことをやってられるな…と思います。

 

企画を始めたとたん、それなりに反響が出てきて「いいね!」やフォロー・リツイートがどんどんされていく。ぼくみたいな弱小ツイッタラーでも四六時中、ツイッターのお知らせカウントが点灯するようになります。

 

もちろんそれは自分で望んだことだし、「リツイート企画」ってそーゆーもんなんですけど、何万人もフォロワーがいるインフルエンサーの方は対応するのに大変だろうなと。バズったらこんなもんじゃないんでしょうね…。嬉しいのか大変なのか…。

 

でもフォロワー数が何千・何万もいるインフルエンサーの方はそれなりにミュート機能やブロック、botなんかをうまく使いながらやっているのでしょうけど、純粋に何千ものフォロワーに対し反応してたら朝から晩までツイッター画面とにらめっこしてないといけません。

 

ツイッターの反応があるというのは嬉しいことでもありますが、それだけ大変なことでもあるんですね。

 

やればそれなりにフォロワーも増えるけど…。

フォロワーが増えて喜ぶ女性

 

「リツイート企画」はやればそれなりにフォロワー数も増えます。

 

参加条件として「おみそをフォロー&このツイートをリツイート」としてるのですから、当たり前に増えていきます。

 

また、こちらからも他の人のリツイート企画に乗っかって、固定ツイートをリツイートしてもらいます。もちろんこのときの自分の「固定ツイート」はリツイート企画の内容です。

 

そんなことしてるのでタイムラインはいろんなリツイート企画でカオス状態…。

 

でも「今だけ…」と思ってなんとか頑張って、漏れのないよう対応していました。

 

その甲斐あって企画中にフォロワー500人を軽く越えていきました。

 

「す、すげーーーー!!!」

 

それまで1日1ツイートするかしないか、タイムライン開いても「いいね!」押すばっかりで何ヶ月もかけてフォロワーを増やしてきた自分でしたが、一気に100人以上もフォロワーが増えることにビックリしていました。

 

でもなんか違和感もあって…。

 

「フォロワー500人」って数字だけ見るとすごく嬉しいですが、果たしてその中で本当にぼくに興味を持ってフォローしてくれた人は何人いるのでしょうか?

 

たぶん3割もいないと思います。

 

ほとんどの方がぼくへの興味より「フォロワー増やしたい!」「拡散して欲しい!」という思いで参加していると思います。別にそれが悪いわけでもありません。だってぼく自身、これまで他の方のリツイート企画に参加するときにはその人へ興味があったわけではなく、「自分を売り込んで欲しい」という思いで参加してきましたから。

 

でもただ数字が膨らむだけで、本当の満足感は無かったです。

 

それより同じような価値観を持った人と繋がって、共感できるようなやり取りができたり、本当の友達みたいに絡んでくれたり…。そっちのほうが楽しいし、満足感もありました。

 

でも「リツイート企画」ってそうゆうのとはまた別物だし、ぼく自身もそこまでの理想は求めていなかったので、それ以上不満や愚痴は出てきませんでした。

 

しかし、やってみると案外虚しかったりもするのです。

 

企画終了後からが大事。

ツイッターのタイムラインが表示されたスマホ画面

 

色々言っておりますが、リツイート企画を嫌々やっていたわけではありません。

 

絡んでくれる方への感謝の意味が大きかったですし、現にフォロワー数も格段に増えているので本当にやって良かったと思っています。

 

この企画で繋がった人や絡んでくれた人もたくさんいるので、またひとつ世界が広がった気がします。

 

相互フォローはしてもらったけれど、直接的なやり取りが無かったり、あまり共通点がない人もいますが、これから少しずつ絡んでいけたらなと思います。

 

今までは「リツイート企画なんて面倒くさそう…」と思ってやりませんでしたが、全国のフォロワーさんと繋がる良いキッカケになりました。

 

「企画が終わったらフォロー外される」なんてこともよく聞きますが、それはそれでその人の自由。でもぼくは基本的にフォローは外さないでいようと思います。

 

だって何かをキッカケに仲良くなれるかもしれませんし。

 

企画が終了してもその場限りの繋がりに終わるのではなく、発展性のある関係を築いていきたいですね。

 

フォロワー数=ファンの数…ではない。

ライブで盛り上がるファンの手

 

今、ツイッターでよく言われるのは「ブログはオワコン」とか「YouTubeやれ」とか…。

 

たぶんブログやアフィリエイトだけで純粋に稼げる時代はすでに終わっているのだと思います。かといって「ブログ・アフィリが全く稼げない」というわけではなく、よりユーザーファーストの目線で作られたコンテンツと「ファン作り」が必須項目になってくるということでしょう。

 

数あるSNSを駆使して自分自身とコンテンツをアピールする。そしてファンを獲得していく…。

 

ツイッターのフォロワー数も「ファン」の数に入るのでしょうけど、その内訳はわかりません。

 

フォロワー5000人がそのままその人のファンかと言われると、そうでもなかったりします。

 

「フォロワーは買える」なんて話も聞きますしね…。闇が深いです…。

 

その人を判断するひとつの基準としてフォロワー数を見るのはありだと思いますが、フォロワー数ばっかりに気をとられ、肝心の「ファンのため」にならなかったら何も意味は無いのです。

 

ぼくも「好きなこと頑張ってたらファンがついた。ただそれだけです。」…くらい言えるブロガーになりたいな。

 

終わりに

リツイート企画をやってみて、純粋に思ったことをまとめてみました。

 

初めてのツイッター企画だったので、周りの見よう見まねでしたがたくさんの方に参加いただき、多くのフォロワーさんと繋がることができました。

 

結果的には自分自身とても良い経験になったし、フォロワーも増えてバンバンザイなのですが、次回は少し期間を空けてやろうかな…。1000人突破とか。

 

やっぱりぼくはマイペースにみんなのツイート見ながら楽しむほうが合ってるかな。

 

また気が向いたら企画やろうと思います。

 

お楽しみに。

 

 

スポンサーリンク