おみその野望はどこいった?プライベートキャンプ場を作る計画について近況報告。

アウトドア

おみそです。

 

新型コロナウイルスの脅威が広がる中、自宅にこもる機会が増えるためブログに費やす時間も増えるかなー、なんて思ってましたがそんなことありませんでした。

 

我が家でも外出や遠出をしないようにしているため自宅にいる時間は多いのですが、外に出ないぶんブログネタになりそうなこともあまり起きません。するとどんどん更新しない日が続き、空白の一週間が簡単にできあがってしまいます。

 

まぁ復活してからはのんびりやろうと思っているのでそんなにプレッシャーには感じませんが、やっぱり読んでくれている皆さんに「面白い」と思ってもらえるようなブログにしていきたいので、引き続きマイペースに頑張ろうと思います。(コンビニアイスネタが増えるかも…?)

 

そんな今回は、「ところであの『野望』ってどうなってるの?」という声をいただいたので、最近の様子を報告しておこうと思います。

 

あ、『野望』というのは自宅近くの山にプライベートキャンプ場を作る…というなんとも能天気な野望です。平和でしょ?

 

 

では、さっそく。

 

プライベートキャンプ場計画、どこまでいったんだっけ?

そうなんです。わたくし「おみそ」は千葉県君津市の田舎、自宅近くの山にプライベートキャンプ場を作ろうと目論んでいるのです。

 

 

詳しくは以前の記事を読んでいただければわかりますが、手を加えようとしているのはもちろん自分ちの山。所有している土地です。

 

田舎だから庭での焚き火やゴミ燃やしは当たり前なんですが、テント張ったり夜に焚き火をするとなるとやっぱり近所に気を使います。だったら自分ちの山を開拓してキャンプスペースを作れば好きに野営を楽しめるのではないかと考えたのです。(ちゃんと許可を取ったり山火事に注意して)

 

その『野望』の最後の動きは去年の8月。木を切ったり土地に手を加えたりするには届出が必要な「地域森林計画対象民有林」であることがわかったまでで止まっていました。

 

 

近況報告!!……とくに動きはありません!!!

その後、どうなったのか。

 

「とくに動きはありません!!!(ビシッ!)」

 

はい…。とくに大した動きはありません。木を切りに行くでもなく、役所に確認しに行くでもなく、山へ入るでもなく様子を見に行くわけでもない。

 

正直に言いましょう。

 

「だって寒いんだもん。」

 

いくら暖冬とはいえ冬は寒いのです。それが木が生い茂る山の中ではもっと体感温度は低いでしょう。そんな寒い中で見れる夢も見れませんよ。(甘ちゃんですね…。)

 

あとは深刻な問題もありました。

 

台風15号、台風19号の影響がどれほどか…?

去年9月、10月と続けて千葉県を襲った台風15号、19号。(もうね、ドラゴンボールの人造人間みたい。)今では「令和元年台風第15号19号」と呼ばれているみたいですね。

 

 

「なんで続けざまに千葉を狙うの!?」と、不安と絶望の数日間を味わいましたが、いま思えば貴重な経験だったと思います。いまだに修理・復旧がされていない建物も多くありますが、災害に対する意識が変わり、備えの大切さが身に染みてわかった経験でした。

 

あの台風以降、山の様子は見に行っていません。

 

ヘタに一人で行くと何が起こるか分からないし、山だって確実にダメージを受けているはずです。複数人でちゃんとした装備を持って行かないと命に関わることが起こると思ったのです。

 

しばらく期間を空けて、山の様子が落ち着いたであろう頃に行こうと考えていました。

 

あきらめないぞ!次回の報告を待て!

そろそろ倒れた木や落ちた枝木、葉っぱなんかも落ち着いて収まるところに収まっていると思うので、もう少し暖かくなったら見に行ってこようと思います。

 

おみそはあきらめません!

 

先日、金谷のグッドな林道&野営地へ行ってきましたが、もっと自宅の近くにキャンプスペースがあればなおいいですもんね。それがプライベート空間ならさらに良し!

⇒金谷のグッドな林道&野営地

 

おみそのプライベートキャンプ場計画はいつの日か実現させますよ。

 

次回の報告を待て!

 

 

スポンサーリンク